スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

中山11R 船橋S

◎リュンヌ

 前走は33秒3→35秒5の前傾戦で、差し・追込決着の中で番手先行から0.2秒差。完全タイム差も-0.2で時計レベルも上々。鞍上はこの日の騎乗がメインのみ。テン乗りながら当週追いは栗東にかけつけて調教をつけており意欲的。DPでの時計は6F73秒9の猛時計でラストも11秒8。前走は休み明けで-10㎏だったが、追い切り後の金曜にも坂路で58秒台の時計を出していたぐらいなので、中2週の輸送競馬でしっかり追い切られたなら上積みも見込めそう。

=出走種牡馬の中山芝1200成績=
出走種牡馬の中山芝1200m成績

 クロフネ産駒はカレンチャンで稼いでいるとはいえ、高アベレージと高賞金を両立しており、ベストロケーション、セイコーライコウ、ブルームーンピサなど古馬上級条件での好走馬を複数出している点からもこの条件は得意。2・3回中山では出走馬が1頭しかいないが、2月24日の3歳500万でウエスタンソーレが7番人気3着と好走している。カレンチャンは母父トニービン、母母父マルゼンスキーの血統だが、リュンヌは母父ウイニングチケットがトニービン×マルゼンスキーの配合。血統的には初コースも合うはず。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/977-c05b961c

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。