スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ファルコンS予想

ファルコンS予想
★オッズは9時10分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 土曜8Rのコリーヌが勝ったマイル戦のように内の好位組がそのまま残ったレースもあったが、開幕週の傾向を見ている限り、全般的には外からの差し馬が有利かなという感じ。日曜はどの場も風雨の影響で時計レベルが下がったが、土曜水準の馬場に戻ればやや速めで想定しても良さそう。

 本命はエールブリーズ。
ゲートが不安定な分、後ろから大外を回して届かずという競馬が頻発しているが、コパノリチャードの2着だった新馬戦と、2走前に2着だった500万平場がともにランクAC、完全タイム差-0.9。馬場差は前者が-0.8、後者が+0.4だったから馬場レベル不問で複数回の高タイム戦に対応しており、差せる馬場での格上挑戦が嵌る可能性はありそう。3走前のシンザン記念でも勝ち馬から0.5秒差、タマモベストプレイやカオスモスとはそう差は無かったが、母がスプリンターのフジキセキ産駒なのでマイルはやや長かったはず。前日20時40分頃に単勝10万の投票があって一時的に1番人気になっていたが、最終的に6番人気あたりならオッズも手頃だろう。不安材料はヤネか。

 クロッカスSは大逃げの後ろが隠れスローの上がり勝負。人気を背負った殿下の2頭は位置取りとコース取りのロスを取り戻せず3、4着止まり。他馬に1キロ与えて好位から踏ん張ったディアセルヴィスが内をすくった勝ち馬よりも好内容だったようには思うが、今回は多頭数の最内枠を引いてしまった点がどうか。距離2走目でそこまで地力上位ということならこのオッズはおいしいんだが。ティーハーフは去年の3着馬サドンストームと同じストーミングホーム×Green Desertなのでコース替わるは合うかも。

 インパルスヒーローが勝った前走の芝1400は前半36秒6→49秒0、上がり46秒1→33秒7の超スロー。後方にいても決め手タイプなら多少の挽回は利くが、速い流れで持続力を活かしたい馬には手も足も出ない鞍だった。クロッカスSの直線では挟まる不利があって追うのをやめてしまったコトブキゴールドは、出遅れたジュニアCが5着ディアセルヴィスに次ぐ6着入線で、上がりはディアと同タイムの最速タイ。流れが締まれば巻き返しがあるかも知れないし、オッズ的にも高配の使者になれる。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/970-9a7299d7

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。