スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

アーリントンC予想

アーリントンC予想
★オッズは9時19分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 上位半分と下位半分でセパレートできそうなメンバーだが、上位組でも頭一つ抜けているような馬はいないという感じ。枠順、展開、コース適性で着順は入れ替わりそうだし、団栗の背比べなら過剰オッズの馬からは入りたくない。開幕日の馬場が内ピッタリを回らないと勝負にならないのか、外を回し過ぎなければ問題ないのか、程度の差が分からないので外枠の取捨が難しい。

 本命はレッドアリオン。
キャリア6戦で3回の連対がすべて阪神、3回の連逸がすべて京都だから、分かりやすくコース替わりはプラス。シンザン記念は4角最内スルスルの馬が1~3着を占めたので、控えて外目を回す競馬がロスになった面はある。2走前にはヘミングウェイに2馬身半差で快勝しているので、ここでも地力は見劣らないし、脚質に幅があって上がり3位以内を外していないように末脚も堅実。内の偶数番を引いた利もある。

 コパノリチャードは過去3走の自身の完全タイム差が-0.9、-0.9、-0.8と時計面では相当に優秀。千両賞ではカオスモスに敗れているが、まだキャリア1戦の立場だったし、早めに交わされてからもしっかり粘っており、今回も開幕馬場が味方になりそう。

 カオスモスも全2勝が阪神だからコース替わりはプラス。マイネルラヴ×ファルブラヴなので将来的にマイラーのままなのかは血統的に微妙だが、好時計連発の調教からも現時点では有力な一頭からは外れない。

 ラブリーデイは年明け初戦で57キロ。エーシントップが得たレートは京王杯の107が01年以降で最高値、シンザン記念の108もアドマイヤオーラ、アローワンスを加算したジェンティルドンナに並ぶトップタイなので、これを物差しにすれば京王杯で3着カオスモスを1馬身半押さえていることと合わせて十分圏内。

 テイエムイナズマはスタートが悪いので道中の押し上げが利かないとそのまま凡走してしまうという近走。今回は格下げ戦で少頭数、実績のある地元戦替わりだから巻き返せる余地はある。シビアに外枠が不利でなければ。
 
タグ :
コメント
おめでとうございます。
【2013/02/24 07:11】 | 哲っちゃん #- | [edit]
ありがとうございます。

何とか的中ですけど人気順を嫌ってこれではワンパンチ足りないですねww
【2013/02/24 17:10】 | Hiro@管理人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/960-b3971535

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。