スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

京都記念予想

京都記念予想
★オッズは9時37分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 絶対に荒れないとは言えないが、最近の傾向からすれば指数上位、レーティング上位の中からほぼ馬券対象馬は出ている実績重視寄りのレース。今年は少頭数の上に使われてきた馬が少ないので、長休明けの下位馬を消せば実質5~6頭立てぐらいだろうか。

 本命はショウナンマイティ。
新馬が1着、3ヶ月の休養明けが1、1、2着で鉄砲は利く方だが、今回は初めて7ヶ月強の間隔があって冬場の地元戦なので太めが残っていないかがポイント。中間の乗り込み量は多いし、好時計を何本も出しているが、前日に坂路で61秒0-42秒8-26秒9-12秒4と終い重点で乗られており、やはりまだ余裕があるようには思える。とはいえ勝ち切れるかどうかは兎も角、ここで4着以下に落ちるほど相手が強いかとなるとそうでもない。単勝で狙い撃ちしたい馬がいないならこの馬を軸に取るのが妥当だろうか。

 ジャスタウェイは前走が熱発明けの初小回りで実質トップハンデ。勝負処で動けない競馬で3着まで押し上げた地力を考えれば、叩かれて直線の長いコースに替わり、斤量も55キロになるなどプラス面は多い。天皇賞(秋)の相手関係、着順、着差からすれば1F延びても問題ない感じはするが、年明けの内田博が単勝を買うには非常にリスキーな状態なのが引っ掛かる。リーディング上位騎手が細かい条件抽出をせずに単回値10台はなかなか無い。ヤネが復調してくれば文句なしなんだが。

=内田博の2013年成績=
コース 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
2- 7- 5-24/385.3%23.7%36.8%1693
ダート 6- 8- 7-34/5510.9%25.5%38.2%4477
8-15-12-58/938.6%24.7%37.6%3384
(前日分0-2-0-5/7は含まず。)

 トーセンラーは11年1月の福寿草特別以来の武豊騎乗。武豊が藤原英厩舎に騎乗するのもその時以来で約2年ぶり。浜中、岩田、福永、川田といった厩舎の主戦格がお手馬優先で乗っているためにお鉢が回ってきた感じで、勝負起用という風には見えないが、馬自身の成績的には新馬、きさらぎ賞で全2勝を挙げ、菊花賞3着のある京都外回りはベスト条件と思われるので、乗り替わりで新味を引き出せれば面白いかも。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/956-314c9676

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。