スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

根岸S予想

根岸S予想
★オッズは6時52分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 レース距離が1400mに変更された01年からノボトゥルーが出走機会3連続馬券対象になったことはあるが、それ以外では複数回出走馬が28頭、その内1度は馬券対象になった馬が15頭いながら、複数回馬券対象になった馬は1頭もいない(中山代替分は除く)。1度馬券になった馬は実績を買われて翌年にまた人気になるケースも多いが、リピーターがほぼ来ない傾向からすれば新顔を狙っていった方が得策だろう。

 本命はストローハット。
フジキセキ産駒がダートで一定の出走回数以上を走って単複プラスなのは東京1400だけ(近3年)。1着数<2着数<3着数の成績なので単有望とは言えないが、複勝率が35%を超えているように優秀だし、ストローハット自身はこの条件に初出走になるのでコース替わりの上積みが期待できる。同世代戦ではユニコーンSを勝っているが、古馬相手なら1F短い方がいいはず。

=出走種牡馬の東京ダ1400成績=根岸S出走種牡馬成績

 ガンジスは厩舎的にも馬主的にも良績を挙げている藤岡佑を降ろして、厩舎2頭出しのタイセイレジェンドから内田博をスライド。内田博は去年の厩舎の稼ぎ頭なのでここは勝負起用に見えるし、良馬場のここ3年は近走で23秒台(良)の好走歴がある馬の中からそのまま馬券対象馬が出てくる傾向なので、大スポ杯→ペルセウスSの連勝は高評価して良さそう。

 メイショウマシュウは戦歴的には狙い目十分の1頭だが、抽選対象で一週前追い切りをやらず、4年以上も沖厩舎では乗っていない藤岡佑がテン乗りとなると、とてもここが目標だったようには思えない。詰まりまくった神無月Sはノーカウントだろうし、当週追いは好タイムの併せ先着で5~6番人気あたりなら印は回しておいてもいいだろうが。

 トシキャンディは絡まれずに行けるかだけ。プロキオンSは外差しの届く馬場を厳しい前傾ラップで押し切っているし、相手関係、2着以下の脚質からも強い内容だった。テンで見逃してもらえれば。ケイアイテンジンは長休明けから順当に着差を詰めてきた。脚質転換しての得意条件でどういう競馬になるか。東京馬主のケイアイなので押さえには。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/950-cca2a1c9

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。