スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

京都牝馬S予想

京都牝馬S予想
★オッズは7時37分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 雨だった先週月曜は紅梅Sで外を回した馬のワンツースリーということもあった。良馬場ならまだグリーンベルトの利が活かせる馬場なのかも知れないが、確認できないうちに予想するのが難しい。傾向的には過去10年で未勝利の延長馬がやや不利。前走1着馬と前走敗退0.3秒差以内馬が合わせて16連対していて、時期的なことも加味して基本的には好調馬重視。京都金杯からは1.0秒前後敗退からの巻き返しもあるが、今年はレース間隔が変更されたのでこれまで通りにいくかどうか。

前走距離 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
同距離 5- 6- 6- 52/ 697.2%15.9%24.6%7789
今回延長 0- 2- 3- 26/ 310.0%6.5%16.1%078
今回短縮 5- 3- 0- 45/ 539.4%15.1%15.1%4731

前走着差 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
指 勝0.5~0.0 3- 3- 3-20/2910.3%20.7%31.0%114101
指 負0.0~0.3 5- 5- 3-31/4411.4%22.7%29.5%7482

 本命はサクラクローバー。
前走の市川S(10R)は同日のターコイズS(11R)より0.6秒速い勝ち時計。半哩45秒1→47秒7の前傾戦で、直線坂下では外から追い込んできた2、3着馬の脚色優勢という形だったが、内で馬群を割ってからの追い出しでこれを封じた点でも強かった。今回も逃げ・先行馬が揃っているし、グリーンベルトが生きているなら枠順もいい所を引いているだけに前走の再現があってもおかしくない。このレース自体が前走条件戦組のアベレージが高いので、勢いを買ってみる手はある。

前走クラス 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値
同クラス 6- 8- 8- 94/1165.2%12.1%19.0%3758
昇級戦 3- 3- 1- 27/ 348.8%17.6%20.6%97100

 ハナズゴールは普通に対抗。京都外回りが初めてなので適性的に未知数な面は残るが、能力だけなら十分に足りる。クィーンズバーンはGⅡ勝ち馬が54キロで出走できるのが有利。前走は0.4秒負けだったが、ハンデ56キロだったので許容範囲内。同型がいるだけに控える競馬で脚を伸ばせるかは微妙だが、直線平坦コース替わりで粘りが利くようなら残り目があっても。

 アスカトップレディの前走は前後5Fが64秒5→59秒1の上がり勝負、軽ハンデ馬の行った行ったをブービーから外を回して直線勝負では流石に届かない。去年も愛知杯10着(1.0秒差)から京都マイル替わりで巻き返しているので、ヤネが酒井に替わることと合わせて今回は条件好転。リピーターの走るレースでもあるが、ただ土曜重賞で木曜追いでは回復が間に合わない感じもある。

 レディアルバローザは坂路を織り交ぜながらPコースで追い切るのが主体だったが、今回は一週前に坂路で53秒3→12秒5を出して、日曜にPコースで軽め、当週は坂路とパターンを逆転させたような感じ。ルメールを確保するぐらいだから足元の不安という訳では無さそうだが、調教パターンを変えてきたことがどう出るか。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/945-c02eec71

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。