スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

京成杯予想

京成杯予想
★オッズは6時00分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 本命はフェイムゲーム。
宗像厩舎は田中勝、木幡、丸田と厩舎の主戦騎手がはっきりしていて、基本的には外国人騎手は起用しない厩舎。過去5年の出走1534回中、外国人を起用したのは僅かに11回だけ。したがって田中勝でデビューして、勝てそうなところで外国人にスイッチした前走は馬主サイドの指示だったと取れる。今回も日本人騎手に戻さなかった点で引き続き馬主の意向が働いている感じだし、社台系クラブの馬が6頭も出走している中でここに外国人を配してきたのは勝ち負けの可能性があってこそではないか。ハーツクライ産駒はこの条件ではディープインパクト産駒を大きく上回るアベレージを残しているし、道悪を苦にしなかったバランスオブゲームの半弟なので、血統的にもチャンスはある。

=出走種牡馬の中山芝2000成績=
京成杯出走種牡馬成績

 ラウンドワールドは器用さには欠けるが、◎と同じ牝系(2代母がディクタス×ダイナサッシュの全姉妹)なので、渋化馬場でバテずに伸びてくる可能性はありそう。マイネルストラーノは同コースのホープフルSが差し展開を前受けして残す強い競馬だったが、それほど人気になっていないので妙味あり。マイネル軍団はマエストロがペースメーカーになるのか、ストラーノが好位で蓋になればどちらかが残りそうな感じはあるが。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/944-3f421987

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。