スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ラジオNIKKEI杯2歳S予想

ラジオNIKKEI杯2歳S予想
★オッズは8時40分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 7頭立ては04年の9頭立て(1着ヴァーミリアン、2着ローゼンクロイツ、3着アドマイヤジャパン、4着シックスセンス)を下回る同レース史上最低出走頭数。兼登録馬が11頭いたとはいえ、予備登録17頭で10頭回避はかなりの割合。それだけ有力馬との対戦を避けたということか。馬券的には無理して買うレースではなくなったが、コディーノが来年に向けて不安を残す取りこぼしを喫したので、こちらにクラシックの主導権が移る可能性もある一戦。ラウンドワールドが札幌2歳S2着で、バッドボーイが東スポ杯2歳S5着で104のレートを得ているのでこれが一応の物差し。

 本命はラウンドワールド。
ディープインパクト×トニービンの配合で、母の半兄ステイゴールドの産駒も道悪巧者だから、字面の血統で道悪が減点になるようには見えない。松田博厩舎なのでデビュー戦の取りこぼしはありがちだし、すでに強い馬との対戦で能力レベルも示している。中間の大雨の影響で馬場が水準レベルだった未勝利勝ちがランクAC、完全タイム差-1.1。高速馬場でなくてもパフォーマンスが落ちない片鱗は見られるし、大外から捲っていった前走の脚なら内回りコースでの機動力も問題なさそう。阪神への輸送も経験済みで、急坂コースもクリア済み。過去4戦すべて最速上がりもマークしており、鞍上もデビューからの継続騎乗。死角らしい死角は見当たらない。

 キズナとエピファネイアでは重い馬場経験の差で前者を上位に。ともにラスト1Fまで失速しないラップで2連勝。上がり2位馬との差を見ればエピファネイアの方が切れる脚を使えそうだが、それだけに道悪で上がりの掛かる流れになった時に同じように脚が続くのかどうか。シンボリクリスエス産駒全般の成績なら阪神芝2000>京都芝2000なのでコース替わりは向きそうだが。

 バッドボーイは朝日杯の1~3着馬と別々に対戦があって、新馬がロゴタイプの0.1秒差、きんもくせい特別がゴットフリートの0.2秒差、東スポ杯がコディーノの0.6秒差とそこそこには走っている。ゲートが不安定だが、少頭数なのでロス無く追い込んでこれれば。アクションスターは未勝利勝ち時の2着馬テイエムレンジャーが同日4Rでリヤンドファミユと対戦。勝ち負けに持ち込んでレースレベルを示すならヒモに加えても。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/934-0c11d81e

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。