スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ジャパンCダート予想

ジャパンCダート予想
★オッズは7時34分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 本命はエスポワールシチー。
全ダ成績は14-6-2-4/26。4回の着外のうち3回は1ターンのマイル戦で、残る1回はアメリカ遠征だから、国内の中距離ダートでは未だ3着を外していない。エルムSで3キロ与えて同タイムだったローマンレジェンドとは同斤になるし、南部杯も楽勝と大きな衰えを見せていないなら馬券対象になる3つの椅子のうち1つはこの馬が取るのでは。内の2枠4番というのも脚質的に絶好枠。

 トゥザグローリーは血統的に走れる下地は十二分にあるので、あとは実際にこなせるかどうかだけ。プレレートではエスポワールシチーとワンダーアキュートが地方で稼いだ115を持っているが、JRAに限ればエスポワールシチーの112(エルムS)が最高。今年のフェブラリーSも116止まりで勝ち馬不在だからそれほどハイレベルメンバーという訳ではない。トゥザグローリーは日経新春杯で120、鳴尾記念で117をマークしているので、ダートさえこなせれば数値上は十分通用。一発期待で単勝は15倍程度に売れているが、連勝系の合成オッズなら25~30倍ほどになるので妙味もある。

 既成勢力がそれほどハイレベルではないとしても、ローマンレジェンドはエルムSもそうだが、みやこSでもニホンピロアワーズに1キロ貰ってクビ差だから、勢いと勝負強さはあるにしても同斤でアッサリ行くとは言い切れない。それなら別路線からイジゲンを。人気はローマン、ワンダー、エスポの次になりそうで、スタートの不安があるせいかそれほど過剰人気にはなっていない。武蔵野Sのレート110は平均より上なので、上手く立ち回れれば上位に食い込んでもおかしくない。あとは去年に比べて人気大暴落のダノンカモンを大穴で。1桁オッズで買うには詰めの甘いタイプだが、ここまで人気薄なら安定感が買い材料になる。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/926-3c565808

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。