スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

金鯱賞予想

金鯱賞予想
★オッズは8時04分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 本命はアスカクリチャン。
地力上位のアーネストリーが久しぶりに適距離での57キロなので、まともに走られたら敵わないかも知れないが、ダノンバラードは高速馬場志向の馬ではないので、開幕日の競馬で1番人気なら逆らってみる価値はある。他は直近の連対が条件戦という馬が多いので、近4走で2度重賞で馬券になっている馬がこの人気薄なら狙って面白いだろう。新潟記念で直線の長い高速馬場、七夕賞で2ターンコースの持続ラップに対応しているので、いいトコ取りできれば今回の条件でも好走できるのでは。

 アドマイヤラクティの前走は道悪でスタート後手。ダノンバラードには1キロ貰う立場だったが、4角ブービーの外から追い込んできた脚は見せ場十分。1600万勝ちが高速馬場のハンデ戦で58キロだったし、GⅡといっても古馬重賞勝ちがある馬は2頭だけというメンバーなので、重賞初挑戦で上位争いに食い込んできても全くおかしくない。

 オーシャンブルーは社台ファーム産ということもあるかも知れないが、厩舎がルメールをダノンからスライドさせてきたので、こちらに色気アリということなんだろう。アーネストリーは直線は短い方がいいタイプだが、2000mを57キロで使えて相手弱化なら条件はかなり好転。GⅠで1.0秒差からの格下げ戦なら巻き返してもおかしくない。エアソミュールは前日20時に単勝50万が入った貯金でまだ1番人気だが、最終的には4番人気ぐらいには下がるだろう。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/923-989b411b

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。