スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ジャパンC予想

ジャパンC予想
★オッズは8時54分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 社台グループは種牡馬ビジネスの比重が高いので、ジェンティルドンナが身内の牡馬の横綱・大関クラスをなぎ倒して利があるのかは少し考えどころ。オルフェーヴルも連敗で引退ではまずいだろうが、ステイゴールド産駒が強いグランプリで必勝態勢を敷くなら、海外遠征帰りのここは負けても言い訳は立つ。昨日の特別3鞍を見ても時計は速いので、「チャンピオンコースで牡牝の3冠馬を破ってレコード勝ち」ぐらいになればかなり箔がつくだろう。軽く裏読みするならそんなところか。

 本命はルーラーシップ。
前走はスタート、通ったコースとロスがありながら負けて強しの競馬。絞れる余地を残しての叩き台と考えれば上積みは十分に見込めるし、流れに対して向かない位置取りで競馬をした有馬記念、宝塚記念も着差ほどオルフェーヴルに劣っていた訳ではない。相手は前哨戦を使ってのメイチの凱旋門賞明けなので、こちらが順当に良化していれば逆転の可能性は十分あろう。稼ぎ頭のローズキングダムは古馬になってからの成績が悪すぎるので、キングカメハメハの後継が欲しいとすればこの馬しかいない。

 フェノーメノは好枠を引いたし、時計勝負も問題ないのでスムーズに立ち回ればコース利込みで上位好走を狙えそう。目標は前走だったという話もあるが。ダークシャドウは有馬記念に出てきたのなら黙って消せるだろうが、左回りなら距離延長もそれほど気にしなくていいのでは。左回りの2ターンを使うのは今回が初めてだが、巧者であるならコーナーが増えるのはプラス材料とも取れる。ジャガーメイルは複穴に考えている人が多いらしく、複勝がよく売れている。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/921-3dc9ad78

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。