スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

アルゼンチン共和国杯予想

アルゼンチン共和国杯予想
★オッズは5時46分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 昔はベテランステイヤーの救済レース的な側面もあったが、出世レース化した最近はキャリア過多の馬はあまり来なくなった。パターンとしては、最近まで条件戦を使っていたキャリア15戦以下の4歳馬、古馬重賞出走歴がある場合は馬券に絡めず掲示板の下の方、しかし能力の片鱗は見せているので極端な人気薄にはならない、というタイプ。

馬名キャリア近走古馬重賞歴GⅠ勝ち
111トレイルブレイザー315戦前走1600万2着目黒記念4着BCターフ(予定w)
2オウケンブルースリ119戦重賞路線  
101トーセンジョーダン110戦2走前1600万1着中日新聞杯4着天皇賞(秋)
2ジャミール219戦重賞路線  
091ミヤビランベリ1119戦重賞路線  
2アーネストリー412戦前走1600万1着日経賞4着宝塚記念
081スクリーンヒーロー315戦前走1600万2着 ジャパンC
2ジャガーメイル28戦前走1600万1着 天皇賞(春)
071アドマイヤジュピタ29戦前走1000万1着 天皇賞(春)
2トウカイトリック1025戦重賞路線  

 本命はムスカテール。
オーシャンブルーとどちらにしようか迷ったが、オーシャンは過去の出世馬と比べると馬主の格が弱いのと、厩舎実績の乏しい騎手に乗り替わってきたので一枚下げた。内田博-友道はヴィルシーナでの2着量産も含めて、今年6-4-0-4/14のハイアベレージ。6勝はすべて乗り替わりで、勝ち馬がすべて違う点でピンポイントでの勝負起用が多いんだが、逆に継続騎乗の少ないコンビの継続は見込み有りということなのでは。昇級戦としては被ったオッズだが、過去の傾向からすれば手頃な3番人気というところだろう。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/909-3eecdc77

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。