スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

菊花賞予想

菊花賞予想
★オッズは9時37分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 本命はロードアクレイム。
5走前の大寒桜賞が道中4-4-1-2と旧中京のような3角手前から仕掛けるロングスパート戦でトーセンホマレボシの0.1秒差。トーセンは上がり16位でダービー3着に粘るほどの馬だし、非根幹距離+重馬場の時計の掛かる一戦でスタミナと持続力を示した。3走前の夏木立賞は府中芝2000の外枠で出遅れ。そこから好位を取りに上がっていき、12.7 - 11.7 - 11.4 - 11.9 - 11.9 - 12.2 - 12.3 - 12.0 - 11.8 - 12.0 = 1:59.9の前傾持続ラップを押し切り、3歳500万としては2分割れの好時計で快勝した。この2戦の共通点として2F目より3F目の方が速い厳しいラップを先行していて、上がりは持続力勝負。着差は0.3秒だったアルメリア賞やはなみずき賞では掲示板を外しているように、上がり勝負では少し足りない。

 物差し馬はマウントシャスタ。6位入線だったNHKマイルCがカレンブラックヒルの0.8秒差、5着だった宝塚記念がオルフェーブルの0.8秒差、3着だった神戸新聞杯がゴールドシップの0.7秒差と、多少タラレバを挟む余地はあるものの、古馬チャンピオン、世代チャンピオンクラスを相手に常に同程度のタイム差で走っている馬。3走前の白百合Sがハイレベル戦で、3/4+ハナ+クビ+ハナ+ハナの接戦だった2~7着馬がきっちりその後も活躍しており、これらを相手に単勝1.5倍の人気を背負って2馬身差で快勝。この馬に先着しているのは大きい。

白百合S次走次々走3次走4次走
1マウントシャスタ古馬GⅠ5着3歳GⅡ3着  
2ヤマニンファラオ3歳GⅢ2着   
3ビービージャパン3歳GⅢ14着古馬1000万1着  
4サンレイレーザー古馬1000万1着3歳GⅢ11着3歳GⅡ14着古馬1600万1着
5プレミアムブルー古馬1000万3着古馬1000万3着  
6オリービン古馬OP1着   
7アロマティコ古馬1000万1着古馬1600万3着3歳GⅠ3着 
8プレノタート古馬1000万6着古馬1000万9着  
9スノードン    
10グラーネ古馬500万1着   

 問題は鞍上か。ゴールドシップの後ろから付いて行ったのでは敵わないということは前走で分かったはずだし、そのゴールドは最内枠を引いたので序盤は下げて馬群の中というのが想定できるだけに、積極策で持続力を100%引き出せれば接戦に持ち込める可能性もあるはず。同じように乗って相手が一枚上でしたは勘弁願いたい。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/905-999b1f10

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。