スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

富士S予想

富士S予想
★オッズは8時48分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 データ的にはコース改修された03年以降で、同年内にGⅡ以上で3着以内歴があった馬が1-0-1-29/31と大不振。上位人気だけでも1番人気が5頭、2番人気が3頭、3番人気が3頭いて0-0-0-11/11だから、春の成績はあまりアテにできない傾向。何故そこまで極端に成績が悪いのか理由が分からないし、前年以前にGⅡ以上実績のあった馬は走っているので、必ずしも格上実績馬が来ない訳ではないが、このレースが荒れる一因ではあるよう。

馬名同年内GⅡ以上備考
11ストロングリターン24安田記念2着、京王杯SC1着秋初戦
10リルダヴァル14NHKマイルC3着 
ショウワモダン314安田記念1着ダービー卿CT1着
09ザレマ35阪神牝馬S2着京成杯AH1着、他
レッドスパーダ115NHKマイルC2着、スプリングS2着秋初戦
08エイシンドーバー14安田記念3着、中山記念2着、他秋初戦
ショウナンアルバ36スプリングS3着秋初戦
07エアシェイディ14中山記念2着秋初戦、東京新聞杯2着
スウィフトカレント212金鯱賞2着 
05マイネルレコルト26弥生賞3着前年の朝日杯FS1着
03マグナーテン111AJCC1着、大阪杯2着秋初戦

 逆に3番人気以下で連対した12頭中11頭は同年内に古馬マイルGⅢで3着以内の実績を持っていた。マイネルシーガルだけは同年内GⅡ2着の実績も持っていて上記データでの唯一の連対馬になっているが、穴馬を拾う上ではほぼマイルGⅢ実績のみに特化して考えた方が良さそう。該当馬の成績は4-6-1-23/34、単回305、複回197。複勝ベタ買いでもほぼ2倍になる。該当馬の中で人気最上位馬が最先着したのは03年のサイドワインダーだけ。2桁人気馬も複数回走っているので、網を広げておいても。

馬名同年内マイル重賞備考
11アプリコットフィズ62京成杯AH2着 
10ライブコンサート142京都金杯1着秋初戦
09アブソリュート61東京新聞杯1着秋初戦
マルカシェンク112京都金杯2着 
08サイレントプライド41ダービー卿CT1着秋初戦
リザーブカード52関屋記念2着 
07マイネルシーガル41京成杯AH3着スプリングS2着
マイケルバローズ72関屋記念3着 
06キネティクス161ダービー卿CT3着 
05ウインラディウス31京成杯AH3着 
タニノマティーニ112 前走OP特別(芝16)1着
03サイドワインダー42京都金杯1着秋初戦

 本命はヒットジャポット。
追い切りがかなり微妙だったので休み明けで動けるのか半信半疑だが、一発狙うとしたらこの馬あたり。ニューイヤーS→東京新聞杯と続けてガルボ、コスモセンサーの3着。前者は直線で立て直すロスもあったし、後者は内伸び+前残りを外から差してきていて悪い内容ではなかった。近2走はかなり時計の掛かる馬場だったので、これが合わなかったとすればノーカウント。ともに0.8秒差6着と大崩れまではせずに踏ん張っている点でむしろ好意的に評価。乗り替わり騎手で騎乗実績に連対歴があるのは2-2-0-1/5の松岡だけ。後藤が療養中ということもあるが、連対実績騎手の継続か、非連対実績騎手への乗り替わりでほぼ色分けされている中では気配の感じられる騎手選択。

 古馬マイルGⅢ実績組からは順当にガルボを相手に取りたいが、水曜の本追いでPコース68秒3→11秒5を出した後、前日にも坂路で52秒7→12秒4(重)と速い時計を出していて、毎日王冠に登録しながら回避していた流れと合わせて絞り切れていないのか?という印象もなくはない。以下ヒモは今年GⅡ以上3着以内実績の無いGⅢ3着以内経験馬で。スピリタスは馬場が速くなった方がいいタイプだし、フラガラッハは速すぎるのは好まないタイプなので、馬場の回復具合で好走馬が変わってくるかも。

 例外パターンはGⅡ実績のあったマイネルシーガルとGⅢ実績の無かったタニノマティーニだが、前者っぽいのがセイクレットレーヴ、後者っぽいのがミキノバンジョーか。セイクレットはNZTがカレンブラックヒルの2着。半哩45秒6→47秒6の前傾戦で勝ち馬と同等の上がりは使っており、0.4秒差は位置取りの差も大きかった。ミキノはポートアイランドSがオリービンの3着。相手はこの時期の定量55キロからさらに2キロ軽い別定53キロだったので、こちらが57キロで0.1秒差なら特に見劣らない。上がり半哩が11.4 - 11.1 - 11.2 - 12.3と早めのペースアップからラスト1Fが掛かる流れを前受けして踏ん張った。上がり勝負にならなければノーチャンスでは無さそう。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/903-88619c52

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。