スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

毎日王冠予想

毎日王冠予想
★オッズは9時48分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 本命はエイシンフラッシュ。
GⅠ出走は11回もあるのに、GⅡ出走は10年の神戸新聞杯、11年の大阪杯に次いで今回が3度目。ブエナビスタのように勝ち負けを見込んでひたすらGⅠだけ使う馬は稀にいるが、そこまでのレベルでない馬がGⅠしか使わないというのも意外と珍しいかも。とはいえ過去2回のGⅡ出走は勝てないまでもいずれもタイム差無しの接戦。ダービー勝ち以降が0-3-2-6/11の詰め甘キャラではあるものの、超抜レコードで先行勢壊滅の流れだった去年の秋天でも56秒台で踏ん張っており、一旦先頭に立った9F通過地点は1分44秒3。57キロも有利だし、久々のGⅡ出走、久々の芝1800出走で新味が引き出されればスローの上がり勝負要員のイメージを覆す可能性も十分。

 カレンブラックヒルはNHKマイルCが恵まれた感の強いレース展開になったが、好位差しのNZTがかなり強い内容だった。結果的に前走はハナへ行く競馬をしてしまっているので、広いコースでも番手で我慢して抜け出す競馬ができるのかがポイントだろうか。シルポートがちょうどいいペースメーカーになりそうなので、自分の競馬には持ち込めそう。

 タッチミーノットも久々の芝1800。再転入後は高速馬場で3-4-2-2/11、標準以下なら1-0-0-4/5だから馬場は速い方が向くタイプ。2回の着外が大阪杯と目黒記念なのでGⅡはまだ敷居が高いかも知れないが、東京芝1800に強いダンスインザダーク産駒という血統からも条件好転でもう一押しあれば。

 スマイルジャック終わった説の人には前走は激走に映るが、関屋記念が単14.9倍、京成杯AHが単13.6倍だから見捨てられたレベルのオッズではなかった。それが今回は相手強化もあって単30倍超。元々が関西遠征で消して東京で買いぐらいのバランスの馬だから、激走後の後追いというより、好調キープで得意コース替わりなのに人気落ちと考えるなら買っていいパターンなのでは。

 トーセンレーヴはやや重めの馬場、低い時計レベルばかりで勝っていて、実績的にもやっと前走で初GⅢ勝ちまで漕ぎ着けた程度。開幕週の馬場で引っ張る馬がいてスローの可能性も低く、時計勝負になる公算が高いシチュエーション。大外枠も有利とは言えないし、これで3番人気ではちょっと割に合わないのでは。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/898-e401ef08

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。