スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

函館記念予想

函館記念予想
★オッズは9時55分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 前日は古馬500万の芝1200で1分09秒5、1000万の芝2000で前半スローから上がり半哩47秒7が出ているので、Bコース替わりで高速化した前週から大きく劣化した様子は無さそう。過去10年の函館開催分の馬番別では1~2番が0-0-1-17/18と不振だが、3~7番が9-4-5-27/45で全勝ち馬を輩出、8~16番は0-5-3-57/65で馬券に絡めない訳ではないが明らかに外枠不利の傾向。

 本命はトランスワープ。
去年の函館記念以降に小回り(内回り)、2ターン、馬場速め、の条件で勝ち鞍を持っているのはトランスワープ、トウカイパラダイス、ロードオブザリングの3頭。中でも好枠を引いたトランスワープから。年明けの中山芝2000が正攻法で強い競馬。アメジストSはスローの離し逃げで勝って下さいという展開だったが超高速上がりにも対応したし、前走は出遅れながら差し込んでくるなど、脚質の対応幅はけっこう広い。1枠に先行できる実績馬2頭が入ったので1角を有利な形で回れればというところだが、54キロなら勝負になっていい。

 本命候補だった馬ではロードオブザリングは外枠を引いてしまったし、逆にマイネルスターリーは最内枠。前走とのオッズの落差も酷く、ここで◎にしたのでは後追い感がハンパないので△で。ネオヴァンドームは直線の長い1ターンコースがベストだが、近走好調の地元馬主馬、浜中の函館入りという点で押さえ。あとは一つ叩かれて小回りコース替わりになるマヤノライジンまで。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/859-b615b5eb

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。