スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

京都新聞杯予想

京都新聞杯予想
★オッズは5時27分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 キャリアの浅い馬は適性を見せ切っている訳ではないので、未経験な条件がどちらに転ぶかを読むのが難しい。先週の今週なので恐らく馬場は高速状態だろうが、そういう馬場経験の無い有力馬が多いのが難解。

 中1週で今開催の馬場を勝ち上がっているのがニューダイナスティとタニノシュヴァリエ。特に前者は内回りコースばかり使っていたので、取消明けを凡走した時には小回り替わりでの穴要員に期待したのだが、ムーニーバレーRC賞を逃げ切ってしまった。同型がいるので兼ね合いが問題だが、残り目を狙うなら小回り巧者のメイショウカドマツよりこちらで。厩舎主戦の浜中から福永にスイッチしているのはオーナーサイドの意向か。

 本命はショウナンカンムリ。
ローテからすると先約の可能性もあるが、騎乗成績2戦2勝の浜中がこちらを選んだのなら全く脈が無い訳でもないのでは。年明け3戦が重たい馬場続きで2勝しているので高速馬場適性が疑問には見えるが、デビュー戦が新潟でオメガハートランドと同タイム2着、3戦目が重馬場でも馬場差-0.7という京都の内伸びで外差し2着があるのでこなせないということは無いはず。ファントムライトを物差しにすればそう元値が低い馬でもないし、春天でトニービンの入った馬が5頭出走して掲示板を独占していたので、適性面のアドヴァンテージがあるなら実績で見劣る分を補えても。

 レーティングでいけばベールドインパクトやエキストラエンドあたり。後者は前日23時に201万、4時に97万と単勝に買いが入っていて、土曜重賞で夜中に3桁級が複数入るというのは珍しいだけにちょっと注目。弥生賞で大外を回してフェノーメノに先着しているし、京都外回りにも勝ち鞍を持っているので、勝ち負けになっても全くおかしくない。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/828-151d7c6e

  • まとめtyaiました【京都新聞杯予想】【まとめwoネタ速neo】
    ★オッズは5時27分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちキャリアの浅い馬は適性を見せ切っている訳ではないので、未経験な条件がどちらに転ぶかを読むのが難しい。先週の今週なので恐らく馬場は高速状態だろうが、そういう?...
【2012/05/05 09:45】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。