スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

皐月賞予想

皐月賞予想
★オッズは7時48分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 競馬予想TV!はフジテレビONEに引っ越したおかげでこれから度々生放送分が飛ばされるんだろうかw

 本命はグランデッツァ。
この馬がマカハより弱いとは考えられないが、スローの上がり勝負、時計の出る馬場コンディションという条件だった新馬戦では、出遅れて直線勝負の形になったとはいえ実際に2着と取りこぼしていて、札幌2歳S、スプリングSの完勝ぶりからも時計の掛かる馬場の方が向いている戦歴。Bコース替わりで高速化していた中山芝では危険な人気馬かと思われたが、枠順発表後の金曜からの雨で状況一変。Bコースに替わった近2週は良馬場でも外は伸びていたので、Aコース時のように馬場が乾いていく内伸びにシフトする程度も大きくないと思われるので、世代随一のハイレベル戦だった札幌2歳S勝ちのこの馬から。

 ◎と1勝1敗のゴールドシップも当然有力だが、穴ならマイネルロブスト。凡走した東スポ杯とスプリングSはともに馬場差「設定不能」。ドロドロの道悪は確かに向かないんだろうが、札幌2歳S程度の重たい馬場ならしっかり走っているので、馬場の回復度合いがカギ。新馬戦1着、朝日杯2着、札幌2歳S組でワンツーした京成杯2着と中山コースはきっちり走っており、それでいてこのオッズなら絶好の狙い目。

 きさらぎ賞もハイレベル戦だが、関連度は皐月賞よりもダービーの方が高いし、ワールドエースもいかにもダービー向きのタイプだろうから、能力レベルからの押さえには必要でも馬券的な理想は4着止まり。高速馬場のままなら小回りでの加速性能で見劣っていた可能性もあるので、若駒S、若葉Sと同様に道悪になったのはプラス材料かも。アダムスピークは内枠を引いたのでラジオNIKKEI杯2歳Sの再現があるなら。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/818-18d0d8fe

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。