スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

次走注目馬(3/31・4/1)

☆ダノンジェラート(土中山5R、3歳未勝利) 【勝ち上がり】
 レースラップは12.8 - 11.9 - 12.1 - 13.1 - 13.0 - 12.8 - 11.7 - 11.3 - 11.2
2・3回中山芝では初の良馬場+Bコース替わり効果で上がり3Fは初めて11秒台のラップが3つ続いた。ダノンは既走馬相手の初出走でスタート後手。勝ち馬は3番手から好位差し、逃げ馬が3着、番手が4着という前残りの流れ、ラスト1Fまで加速するラップを、残り600で1.1秒後方から外枠・外回しで追い込んできた。相手もエアロッシュなら弱くないし、初戦から負けて強しの競馬。
 
☆デプロマトウショウ(日中山1R、3歳未勝利) 【勝ち上がり】
 クビ差2着だった新馬戦が3着に5馬身差、アタマ差2着の今回も3着には5馬身差。馬場発表は稍重だったが馬場差は+0.2と少し時計の掛かる状態で、走破時計も前走より1.2秒遅かったが、キャリア2戦で対応できる馬場レベルの幅を見せたと考えればプラス材料か。牝馬限定替わりで単勝1.2倍と被ったので2着でも褒められないが、順番は回ってくるだろう。
 
☆ジョウショーキング(土阪神6R、3歳500万
 世代限定の非OPで22秒台の勝ち時計が出たのは、09年3回東京4日6Rのテスタマッタ以来2度目。タイムランクもAだから価値も高く、先行して押し切った勝ち馬は強かったが、これに迫ったジョウショーも高評価。追走にロスがあると間に合わない流れだったが、コーナー区間で番手を押し上げ、馬込みをスルリと抜けてきた機動性は大きな武器。ダート替わりした2走が重→不良だったが、良馬場でパフォーマンスが落ちなければすぐに勝ち負けになりそう。
 
☆アドマイヤフライト(土阪神9R、アザレア賞
 時計の掛かる馬場で、道中は13秒台連発の超スローだったから走破時計は度外視。下表からもアドマイヤフライトが接戦した相手は、ワールドエース相手に馬券絡みした馬と接戦している関係なので、よほど詰めの甘い相手なりタイプでない限り500万で頭打ちということはないと思うが、直線の長いコースしか使っていないので小回りコース適性は未知数。
 未勝利きさらぎすみれSアルメリ若葉S毎日杯アザレア
ワールドエース 1着  1着  
ヒストリカル 2着 0.2差   1着 
ベールドインパクト 3着 0.7差1着    
クランモンタナ1着 2着 0.1差    
ミルドリーム  3着 0.4差 3着 0.5差  
マウントシャスタ   1着 2着 0.0差 
タムロトップステイ   3着 0.0差  1着
アドマイヤフライト2着 0.1差     2着 0.0差
 
 
★ニューダイナスティ(土阪神9R、アザレア賞
 新馬戦がアドマイヤブルーの1/2馬身差2着。上表で物差しになっているクランモンタナやナリタポセイドンとは勝ったり負けたりの力関係。すみれSは枠内駐立不良(潜る)、両頚部打撲傷で競走除外、出走停止1ヶ月、調教再審査。今回は再審査明け初戦+初めての直線の長いコース。実績的に合わない条件だし、8番人気(単18.4倍)で9着なら次はさらに人気が下がる期待も。小回りコース替わりでの穴馬候補。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/812-73fb8b36

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。