スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

大阪杯予想

大阪杯予想
★オッズは8時19分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 土曜10Rの古馬1000万、芝1200mが1分11秒8(重)。
日曜は天候が回復して含水率は下がるだろうが、速い時計の出る軽い馬場レベルまでは望めないだろう。

 本命はナカヤマナイト。
極悪馬場のダービーで走ったウインバリアシオンは日経賞でも2着、走れなかったトーセンラー、フェイトフルウォー、ユニバーサルバンクはやはり走れなかった。
ナカヤマナイトは着差は開いていたがダービー4着と頑張っていて、やはり馬場悪化が酷かったAJCCで2着。
ジョッキーは軽い馬場向きと言っているようだが、力の要る馬場がこなせなければこの好走は無いのでは。
従って初コースではあっても今の阪神の時計の掛かる馬場は悪くないはずだし、阪神芝2000はステイゴールド産駒の得意条件なので距離も歓迎材料だろう。
プレレーティングも111で56キロなら113で57キロのフェデラリストと互角の評価なので、オッズ差を考えればこちらから。

 フェデラリストは内回りコース、急坂コース、時計の掛かる馬場と前走の条件がスライド。
乾いた内をすくった立ち回りの利はあったが、一頭だけ大逃げのシルポートを捕まえた脚は強かった。

 アーネストリーは小回りの高速馬場を押し切る競馬が持ち味なので、阪神内回りは悪くないだろうが、時計の掛かる馬場はプラス材料ではないだろうし、あとはデキと相手関係で持つか持たないか。
トーセンジョーダンは前年の疲れが抜けずにドバイを回避したぐらいだから、ドバイ開催週にどこまで戻っているかという状況で力の要る馬場は条件が厳しいのかも。

 ナリタクリスタルはプレレーティング111で56キロなのが◎と同じ。
GⅠ馬を除いた実績2番手グループの中ではレート上位を形成しており、GⅡでは足りない馬かも知れないが、毎日王冠は単勝13.8倍で0.3秒差だったから、75倍以上つく今回はヒモ穴に押さえておいても。
ポン駆けタイプではないので、叩かれて2000mに延長される今回の方がいいはず。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/809-d7c44d29

  • 大阪杯は ◎コスモファントム【そこで馬が走るかぎり】
    獲得したタイトルを見ると錚々たる顔ぶれのはずの大阪杯が、何か物足りない気持ちになるのはなんででしょうか?ここのところのG2戦線で主役候補が敗れ続けているからでしょうか、それとも昨日のドバイミーティングで深夜まで眠い目をこすりながら観戦していたのにサンド?...
【2012/04/01 12:40】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。