スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

高松宮記念予想

高松宮記念予想
★オッズは9時30分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 短距離戦は外差しという基本傾向は変わっていないし、天気が回復して含水率は下がるだろうが、芝の長いオーバーシード馬場で時計の掛かるコンディションであることは変わらないはず。

 阪急杯は馬場差+1.5でランクDD、オーシャンSは馬場差+2.1でランクCCだったが、両前哨戦を使わなかったロードカナロアは5連勝中を含む芝1200m6戦6勝がすべて平坦右回りコースで、時計の掛かる馬場も使っていない。
急坂コースは中山で1度使っているが流れの違うマイル戦だし、左回りは初めて、葵S1着時に1度だけ9秒台で走っているが当時の馬場差も-0.6と軽く、GⅠで9秒台かと言われるような重い馬場も初めて。
外差しで最内枠が不利に働くケースも想像できるし、1番人気で買うには少し初ものが多いような気はする。

 本命はカレンチャン。
斤量補正すればオーシャンSでも指数トップになるし、北海道での好走歴も持っているので洋芝を長く残しているコースコンディションも合わないことはないはず。
7走前の山城Sが馬場差+1.1の時計の掛かる馬場、道中ボトム3にいた馬が2~4着に追い込む流れを番手から2馬身半差の楽勝だったから、重い馬場への適性も十分持っている。
ズブズブの追い込み展開にでもなれば頭はどうかとも思うが、不向きな流れでアッサリ沈まないのがこの馬だし、現チャンピオンが2番人気ならこっちからでしょう。

 1~3番人気をぐるりと買う気はしないが、内か外かで言えば外の差し馬を拾いたい。
サンカルロは去年の阪急杯は賞金を加算したい立場だったし、外枠の不利を最小限に抑える巧い立ち回りだったが、賞金に余裕のある今年は馬体重も余裕残し、同じ外枠でも道中で外に振られて距離ロスをモロに被る競馬だった。
それだけに本番の上積みは見込めるし、前日や同じく土→日で馬場が回復した前週日曜の傾向を見ても、外枠は内枠ほど不利な材料ではないし、それこそ立ち回り次第で克服可能。

 オーシャンSで差してきた馬は基本信頼で行きたいが、巷間言われているように1400~1600向きの馬が有利ということならツルマルレオンあたりが穴で面白そう。
出遅れやスタート直後の不利が続いているが、ポンと出て中団にでも付けられれば一発あっても。
近走が重い馬場で末脚が切れているアグネスウィッシュは格が足りるかよりも外枠が欲しかった。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/805-e022025f

  • 高松宮記念は ◎ダッシャーゴーゴー【そこで馬が走るかぎり】
    昨日の日経賞ネコパンチで、懐は十分にあったまってますから、今日も少し攻めて馬券を買えます。 リニューアル前の高松宮記念でも、阪神1400の阪急杯からの臨戦組が強かったレース。リニューアルされて、坂ができ直線が長くなったことから、より一層、阪神140...
【2012/03/25 14:33】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。