スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

フィリーズレビュー予想

フィリーズレビュー予想
★オッズは7時51分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 本命はビウイッチアス。
ファンタジーSで大敗しているが、長い直線平坦のスピードを問われる条件で時計レベルも高かった。
血統的にも直線坂でパワーを問われる条件の方がいいし、マイネレーツェル、ベストオブミー、ハギノルチェーレなど凡走馬が多く巻き返しているレースだけに、適性が合わなかったのならノーカウントで問題無し。
9月にオープンを勝ったおかげでその後はずっと1キロ加増で走っていて、しかも牡馬相手の鞍ばかりで、ここはようやく適性コースでの同斤戦で牝馬限定替わりと条件好転。
調教も絶好だったようなのに人気が無いんだからここは狙っていって面白いだろう。

 エイシンキンチェムは栗東坂路で1番時計。
京都、新潟の内回りで連勝して、京都、阪神、京都と外回りで3連敗。
好走歴が無いので急坂コースが合うかが微妙だが、この馬も前走は55キロで0.3秒差だから、直線が短くなって早めの競馬で押し切る戦法が嵌れば巻き返しがあってもおかしくない。

 テイラーバートンとか、ミクロコスモスとか、ドナウブルーとか、直線の短いコースを使うのが初めて、1400m以下の距離を使うのが初めてという人気馬がいると蹴飛ばして妙味があるんだが、今年は出走馬全体を見渡してもそういうタイプが不在。
そうなると能力面から阪神JF組は無視できないので、有力処を相手に。
当時はアイムユアーズが栗東留学で、イチオクノホシが直前輸送だったが、今回は逆。
チューリップ賞のハナズゴールもそうだったが、関東馬は栗東留学組だけ買ってれば儲かるのが一つのパターンなので、後者がもうちょっといい枠に入っていれば。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/794-1edcd61d

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。