スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

アーリントンC予想

アーリントンC予想
★オッズは7時53分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 外回り初年度の07年こそ2→1→3番人気で決着したが、08年以降は3番人気以内馬が0-1-1-10/12と不振。
京都の連続開催が終わっての阪神替わり初日なので逃げ・先行タイプが有利には違いないが、ダート、短距離、2歳時など盲点になりやすいところに先行実績やHペース実績を持っている馬が、年明け初戦、昇級戦、格上挑戦、芝替わりなどで激走するため、馬券的にはかなり波乱傾向になっている。

 本命はチャンピオンヤマト。
09年ダブルウェッジ(6番人気1着)、10年レト(8番人気3着)、11年キョウエイバサラ(11番人気2着)と短距離戦のHペース先行で複数回高い指数を叩き出している馬が毎年穴をあけていて、今年狙うなら過去5戦のタイムランクがB、A、B、B、Aで、2、2、1、4、1着のこの馬あたりか。
くるみ賞は3角で外に張られる不利があって、そこでスイッチが入ったのか、途中からハナに立ってしまう展開。
当日の馬場も差し有利だったし、上位馬はすべて重賞入着級だったので、府中の直線で最後もバッタリ止まらずにレコードの0.5秒差ならそれほど悲観するような内容ではなかった。
開幕馬場でマイペース先行が叶えば十分チャンスはある。



 今年は逃げ・先行ソートでの芝馬の指数が低いので、去年に続いてダート組ワンツーの可能性もありそう。
ワイドバッハはダ1400を先行して最速上がりで楽勝しており、去年のノーザンリバーと似た臨戦過程。
血統がアジュディケーティング×スキャンなので芝替わりがどうかという気はするが、両馬とも一応芝の重賞勝ち馬も出しているので、丸っきりノーチャンスということは無いのでは。

 ヴィンテージイヤーはデビュー勝ちが阪神ダ1400、2勝目の前走が東京ダ1600。
ゲートさえポンと出れば芝スタートは問題無かったし、好位付けできた時には最速上がりで楽勝している。
ただ勝った時以外は後手に回って差し損ねるケースばかりなので、スタートが決まるかどうかだろう。

 ダローネガやオリービンは近走で差しに回っており、同様に前に行けないようだと届かないケースも十分ある。
このレースで人気馬が飛ぶのはほとんどそのパターンだし、人気馬がまとまって後ろに固まるようだとますます前残りのチャンスが広がってくるはず。
上位人気のうちどれかは来るのかも知れないが、どれがというのは選択が難しい。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/783-0759aa9d

  • アーリントンCは ◎チャンピオンヤマト【そこで馬が走るかぎり】
    前に行けるパワータイプの馬を買いたいレースですから、芝のくるみ賞でも先行(=途中から逃げることになってしまったのは誤算でしたが)、前走はダート1200を勝ち上がったチャンピオンヤマトを買ってみます。 ◎チャンピオンヤマト ○ダローネガ △ヴィンテージイヤ...
【2012/02/25 13:58】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。