スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

フェブラリーS予想

フェブラリーS予想
★オッズは8時34分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 本命はワンダーアキュート。
JCダートは記載的には「スタート直後躓く、1馬身不利」だが、不利の程度が実質1馬身ということは無いだろう。
単純に差し引きしても勝ち馬との着差は半減するが、後方に置かれるロス、3角4番手以内にいた馬が掲示板を占めたレースの流れも鑑みれば、さらに僅差になっていてもおかしくなかった。
東京大賞典ではスマートファルコンのペースに付いていって3.5センチ差の大接戦を演じていることからも、トランセンドとのオッズ差ほど能力が離れているとは考えられない。
充実期の今がGⅠ奪取のチャンス。

 トランセンドを嫌う理由は全く無いが、元々が逃げるようになって本格化した馬なので、「二枚腰を使える」「番手でも我慢は利く」とはいっても、3番手、4番手に置かれる展開になるようだと分からない。
速い馬、行きたい馬が何頭か見当たるので、レース序盤がどういう展開になるかがカギ。

 穴はヤマニンキングリー。
経済コース先行有利だったJCダートで14-14-13-10と外から押し上げて0.5秒差、2着馬とは0.2秒差。
結果的には近2走とも上位人気を裏切る形になっているが、タイプによっては地方の馬場が合わない馬もいるので、前走がノーカウントなら人気落ちのここは面白い1頭。
クリスチャンの重賞成績は1、7、3、4着だが、馬券に絡んでいるのは前走ミルコの馬だけ。
ここも兄からの引き継ぎパターンで。

 芝GⅠ馬が出てきたとはいえ4、5歳馬が手薄で、基本的には既存勢力による再戦ムードだけに、持ちレートを跳ね上げて激走する馬が出てくるかどうか。
上から順番にマークしていればだいたい網に掛かりそうだが。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/780-9d272a81

【2012/02/19 12:34】
  • フェブラリーSは ◎トランセンド【そこで馬が走るかぎり】
    巷ではフェブラリーSの芝スタートに不安とか言われてますけど、同じコースのフェブラリーSも南部杯も勝ったんですよね。そしても今回も8枠15番を引き当てるあたり、揺るがないと思いますんで ◎トランセンド ○エスポワールシチー ▲ワンダーアキュート テン...
【2012/02/19 13:29】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。