スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

根岸S予想

根岸S予想
★オッズは9時53分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 ここは平安Sでエスポワールシチーに◎を打ったのと同じパターンで、頭鉄板とは言えない堅軸馬がいて、他に狙い撃ちしたい馬が見当たらないというケース。
平安Sは馬単2着流しが嵌ったが、今回は2連福対象レースなので馬連流しがトリガミになるリスクも軽減される。

 本命はダノンカモン。
能力が一枚上なのは明らかだが、武蔵野Sを見ても相手弱化で確勝とは言えないタイプ。
56キロで出走できるのは有利なものの、グレード別定で加増されないのはそれだけ勝ち切れていない証し。
昨日のペルーサがOP特別でも勝てなかったように、詰めの甘い馬は単勝では狙いづらい。

 競馬新聞でサクラシャイニーに【種】マークがついた。
種牡馬成績は当該コースで勝率10%以上、連対率20%以上、連対サンプル5頭以上で拾っていて、1、2頭の活躍馬でアベレージを稼いでもダメなようにしているが、リーディング上位種牡馬でもないサクラプレジデントに印がつくということは東京ダ1400がスイートスポットの可能性はある。
ダート戦で指数が足りないのは厳しいところだが、頭打ちしそうなタイミングの前走も突破したし、主戦固定ではないこの馬が昇級戦を騎手帯同で遠征してきた点は無視できないかも。

 穴でセレスハント。
近走は地方回りを主戦場にしている馬が、3走前に東京ダ1400のペルセウスSを59キロで完勝。
小回りコース向き、深い砂向きということでは無いようだし、前走はスピード負けした面もありそうなので、この距離延長+コース替わりはプラスに出そう。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/764-11f666b5

【2012/01/29 10:40】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。