スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

京都牝馬S予想

京都牝馬S予想
★オッズは8時23分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 シルクロードSではケンブリッジエルが最低人気(単263.1倍)で3着に大激走、複勝2,110円をつけた。
重賞級相手では足りないかなぁ・・・と思って軽視してしまったが、ハンデ戦だけに狙っていくべきだったか。
しかし梅花賞では◎ナリタポセイドンで馬連5,160円的中、配当が安そうだったので見送った京都5Rもローゼンケーニッヒがきっちり勝ち上がって、外回しリスト馬はコース替わり初日から好調。

 こうなると本命はビッグスマイル。
前走は内伸びの前残り、前々走も超スローの行った行ったで、どうしても脚質的に嵌らないレースは出てくるが、今回は外伸びのシチュエーションなのでここはきっちり狙い撃ちたいところ。
定量戦ならあと3日で1キロのエイジアローワンスが貰えなくなる時期だが、そこで5歳以上の馬に2キロ貰えるのは有利だし、ローズSで0.1秒差、展開利のあった前々走の勝ち馬が京都金杯2着だからそれほど格下感も無い。

 対抗はスプリングサンダー。
ヴィクトリアMで0.4秒差6着はこのメンバーでも格上の実績だが、それほど人気になっていなくて狙いごろ。
外伸びで上がりが求められる今の馬場状態なら、先行粘り込みで3着したレディアルバローザより上に取れる。
去年はサングレアズールが9番人気3着、一昨年はベストロケーションが7番人気2着とクロフネ産駒は穴になっていて、Bコース施行になってからレース相性がいい。

 愛知杯は06年から12月開催になったが、07年から毎年連対馬を出している直結度の高いレース。
コスモネモシンはベストの1800に比べるとマイルでは凡走が多いが、牝馬限定では地力上位だし、好走率の高い短縮ローテに乗ってきている点では無視できない1頭。

 ショウリュウムーンとアスカトップレディの2頭だけが地元馬主だが、京都金杯はHペースの前崩れで大外を回した馬が届いたので、Bコース替わりの出し入れで狙える感じはしない。
特にアスカは直線の長いコースの方が向くので、穴で狙い撃つなら凡走後の小倉→京都(外)だった前走。
今回も引き続き得意コースだし、ショウリュウはリピーターでもあるので押さえはするが。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/763-988f7fa1

【2012/01/29 10:38】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。