スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

シルクロードS予想

シルクロードS予想
★オッズは7時57分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 1回京都芝は内伸びのバイアスが顕著だった。
今週から芝はBコースになって仮柵が4m移動、Aコース時の内伸びゾーンは消えると思われるが、内外の有利不利が実際にどうなるかはレースを観て確認するしかない。
去年のBコース替わり初日の番組は今年と全く同じで、4角位置で外を回した馬の連対は増えたが、内を回した馬の好走も皆無ではなかった。

Rクラス距離1着2着3着4着5着
53歳未勝利芝18外最内
73歳500万芝14内最内大外
93歳500万芝24外最内
11古馬OP芝12内大外大外

 ただ同じ馬場でも1ターン戦と2ターン戦では道中のペースバランスの違いなどから傾向が変わることもあるので、超スローの上がり勝負だった9Rを例外と考えるなら内を回して馬券になったのは9頭中1頭のみ。
前日予想で決め打ちするならやはり外差し想定でいくべきだろうか。

 本命はグランプリエンゼル。
京阪杯では1着ロードカナロア、2着グランプリエンゼルともに定量-1キロの負担重量で1馬身1/2差だった。
ロードにはゴール前を流す余裕もあったが、内伸びの後傾ラップで先行有利と馬場・ペースも向いていた。
今回はロードが定量+1キロ、グランプリが定量-1キロのハンデで当時より2キロ貰えるし、ペースを引っ張ってくれる馬がいて、馬場は外伸び(想定)だから京阪杯での着差が埋まってもおかしくない。

 前年同日の1ターン戦で内を回って馬券に絡んだのが9頭中1頭と書いたが、その1頭がロードカナロア。
この馬は先行タイプの割には近6走続けて上がりの方が速いバランスで走っていて、単勝1倍台の人気馬にしては古馬重賞レベルのHペースに巻き込まれた時にパフォーマンスが落ちないのかが不透明。
自在性はあるので控えても問題無さそうが、ハンデも重くなるので磐石という訳でもないだろう。

 差して足りそうな馬が意外と少ないので、穴要員の一番手はキョウワマグナムか。
残り1ヶ月という時期になれば解散厩舎のマークは怠れない。
以下スギノ、サンダルあたりだが、去年や一昨年に比べて阪神C組や重賞路線の常連といった馬が少なく、メンバーが手薄な感もあるので、実績上位のエーシンヴァーゴウも残しておこうか。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/761-4ec0a4dd

  • シルクロードSの予想【そこで馬が走るかぎり】
    私が苦手な短距離重賞で、ハンデ重賞のダブルパンチ →→ これが牝馬重賞だとトリプルパンチ(T-T) AコースからBコースに変わった京都の馬場状態も不明なので、様子見程度にシルクロードSには参加します。 ◎ロードカナロア ○マジンプロスパー 同条件の京...
【2012/01/28 09:58】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。