スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

フェブラリーS予想

 イメージとして馬を大別すれば、万能タイプとスペシャリストタイプに分けられる。
どんな条件でも満遍なくこなす馬と、得意条件がはっきりしている馬の差は順応力、適応力の差だろうか。
万能タイプはどの条件でも走るので、成績が落ちてくると能力そのものの衰えが心配になってくるが、
逆にスペシャリストタイプは不得意条件で凡走が続いたからといって能力が衰えているかは分からない。
他の距離では馬券に絡めなくなっているのに、マイル戦では連を外さないブルーコンコルドなどが好例か。

府中マイル重賞で2回以上連対しているのはカネヒキリ(3回)とサンライズバッカス(4回)の2頭だけ。
カネヒキリはGⅠ3連勝中にもかかわらず、前売りで単勝3.1倍とかなり辛い評価になっており、
そろそろ飛びごろと考えている人が相対的に多いということか。

逆に単勝24.6倍、複勝4.1~7.3倍のサンライズの方が馬券の妙味として上なのは明らか。
JCダートでも0.4秒差、後ろの馬では手も足も出せない流れになった平安Sでも上がり2位の脚は使っている。
三浦-音無は過去1年で勝ち鞍こそ無いものの、0-3-0-1-2-0/6と掲示板を外さない堅実な成績だし、
GⅠ最年少制覇の懸かるタイミングで気楽に乗れる人気薄に起用されたところにも食指が動かされる。

平安Sで佐藤哲が複数のお手馬の中からエスポワールシチーを選んでいるので、
伸びシロなども含めた総合力ではサンライズより上なんだろうと推測はできるが、
府中マイルというピンポイント条件での勝負がどちらに転ぶかは蓋をあけてみるまで分からない。

サンライズバッカス
 
【結果追記】【レース映像】【パトロール映像】
 8番人気15着。
前に行った馬がそのまま掲示板を独占する流れでのレコード決着。
出遅れるわ、大外を回すわでは出る幕がないのもやむを得ないか。

勝ったサクセスブロッケンはホライゾネット装着の効果が大きかったのか、
好発から好位の外で早めに折り合えていたし、直線に入ってからの末脚もしっかり。
3歳春のハイレベル評が、秋には世代全体にやや頭打ち感が出ていたが、
7歳世代の4連勝を阻止してしっかり当初の評価が正しかったことを証明した。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/76-c9a00ead

【2009/02/22 07:54】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。