スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

京都芝外回し馬一覧(2012年版)

 京都金杯がHペースの外差しになった時は今年はそうでもないのかと思ったが、やはりAコース施行は最後まで内伸びだったので、今年も外を回した馬の一覧を作ってみることにした。
去年は特に内伸びがきつかった前半4日だけのリストだったが、今年は1回京都の開催期間中ずっと4角「最内」馬のワンツーが繰り返されたので、集計期間を長めに取っている。
おかげで該当馬が100頭近くになってしまった(^^;
逃げ切りが多発した3日目、5日目、6日目は特に注意。
 
※4角位置「外」または「大外」だった馬


 京都金杯だけはHペースで先行馬総崩れの展開だったので例外の可能性あり。
今年は3着まで来るのが精一杯だった去年に比べると外回りの中長距離で勝ち切れないまでも比較的よく連に届いていて、外伸びの兆候も徐々に出てきていたが、逢坂山特別で外回し7着だったヴァンダライズが睦月賞で巻き返して単勝1,030円の好配を叩き出すまで勝ち切る馬は現れなかった。
内回りや外回りの短距離は最後まで内伸び有利が残ったままだったが、Aコース施行の競馬は先週で終了。
内ラチが4m移動して内伸びゾーンが消えてくれれば外回し敗退馬の巻き返しが増加するだろうと踏んでいるんだが。

 ちなみに1回京都芝の4角位置別の勝ち鞍は、「最内」18勝、「内」8勝、「中」4勝、「外」1勝、「大外」0勝。
「最内」と「内」、「内」と「中」の差がそれぞれダブルスコアになるほど内有利だった。
イン差しで上位に来た馬は外伸びになればそれに対応して進路選択できる余地もあるが、内枠インベタの逃げ・先行で好走した危険な人気馬候補も大量にいるだけに、あとはBコース替わりで馬場がどうなるか要観察。

 去年のようにリスト馬が宝の山になってくれればいいんだけどねぇww
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/759-bb84c082

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。