スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

次走注目馬(1/14・15)

☆ユッカマウンテン(土中山5R、3歳未勝利) 【勝ち上がり】
 2角で挟まる不利、さらに内回りとの合流点過ぎでも狭くなって下がる不利。
直線前半はまだ追っていたが、坂ではもう流しており、今回の負けはノーカウントか。
 
☆オールドパサデナ(土京都3R、3歳新馬) 【勝ち上がり】
 出遅れて道中も追っ付け通しだったが、コーナーで無駄に外を回さずにうまく押し上げた。
この距離を求めて西下した感じだが、レース振りからはもう少し延びても良さそうで、優先出走権も得ただけに1400~1600mに番組のある東京で前進がありそう。
 
☆ダノングーグー(土京都5R、3歳未勝利) 【登録抹消】
 上がり勝負の前走は外差し馬場だったが、先に動いていった勝ち馬が4角を馬なりでトップスピードに乗せているのに対して、ギアを上げる時の反応の差もあって3着が精一杯という感じだった。
今回は内伸び馬場で4角大外の距離ロスもあったが、やはり勝負処が追っ付け追っ付けで反応良く上がっていけないので、能力はあるんだろうが即順番といくかどうか。
 
☆タバルナ(土小倉11R、周防灘特別) 【勝ち上がり】
 スタートから4角までが下り、直線が平坦の小倉芝1200は前傾ラップになるのがデフォルトだが、このレースは前34秒3→後33秒5で0.8秒の後傾ラップ。
これは09年3月1日の新馬戦の0.6秒(前35秒7→後35秒1、勝ち馬ヒカルアマランサス)を上回る今世紀最大幅の後傾ラップ戦で、古馬1000万クラスとしては異例のスローペース。
この日の小倉芝は連対馬がほぼ4角3番手以内の前残り傾向で、それを15-17-12の位置取りから追い込んでおり、開催後半で差せる馬場になればさらにチャンスは広がるのでは。
 
☆ハワイアンシュガー(土小倉12R、巌流島特別
 この馬も出遅れて後方から。
直線で一瞬追えないロスもあったが、この日の馬場では出遅れた不利の方が大きかった。
3走続けて出負けしているのは引っ掛かるが、この馬も開催後半が差し馬場になれば。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/755-51c85115

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。