スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ラジオNIKKEI杯2歳S予想

ラジオNIKKEI杯2歳S予想
★オッズは8時42分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 本命はブライトライン。
黄菊賞は3着ヴィルシーナがエリカ賞勝ち、4着ローレルブレットが千両賞勝ちで500万としてはハイレベル。
京都外回りの一戦だったが、上がりは11秒9-11秒9-11秒8-11秒9のロングスパート。
ラジオNIKKEI杯は例年前半を61秒超とゆっくり入るが、瞬発力勝負にはならないので、それなりの水準のレースで長い脚を使えているのはプラス材料。
あとは重賞レベルで通用するかが問題だが、最近は騎乗の無かった鮫島厩舎に佐藤哲が起用されているのは馬主サイドの意向のようにも見えるし、オッズ的にも狙ってみて面白そう。

 主流プレップの京都2歳Sと札幌2歳Sでは、前半61秒4から上がり11秒6-11秒7-11秒8の前者がラップバランス的には向いていそう。
後者は上がり12秒7-11秒6-12秒3で、例年に比べて瞬発力勝負に寄った流れ。
06年のナムラマースは札幌2歳S1着→ラジオNIKKEI杯3着だったが、11秒台中盤のラップが出てくるような札幌2歳SはラジオNIKKEI杯との直結度が下がるのか、今回のレースで確認してみたい。
ただ先週の朝日杯で3着マイネルロブストが2着に走ったので、レースレベルの評価はまだ下げられないが。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/740-8967e4a2

  • ラジオNIKKEI杯の予想【そこで馬が走るかぎり】
    特別登録を見た時点では、札幌1・2着馬にトリップの3強対決だと思っていたんですが、Twitter、ブログともに人気してるブライトラインが確かに気になる。 ブライトライン 黄菊賞1着(京都1800) 12.7-11.1-11.7-12.3-12.2-11.9-11.9-11.8-11.9 前35.5-後35.6...
【2011/12/24 11:27】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。