スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ジャパンCダート予想

ジャパンCダート予想
★オッズは8時41分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 今回もトウショウフリークが逃げるのか。
トランセンドはフルゲートの大外枠が物理的に不利だが、エスポワールシチーもキックバックを受ける位置には納まりたくないだろうから、番手の取り合いと同時に、外に張り出すのか、蓋をするのかで随分と有利不利が変わってきそう。
200円台の馬連を狙うなら『両雄並び立たず』で一角崩しに賭けた方が博打的にもいいかも知れない。

 本命はダノンカモン。
前走を取りこぼして相手なりのキャラが見えているので、メンバーが強くなって流れが厳しくなるのは問題ない。
府中のマイルGⅠであれだけやれているので距離そのものも大丈夫だろうが、短い距離を主戦場にしていたので2ターンコース未勝利だし、出走自体も久々になる点でうまく対応できるかどうかだけ。
前走が初ブリンカーだったが、あっさり外してきたので合わなかった面もあったんだろう。
南部杯では単8.8倍だったが、前走負けの印象が良くなかったのか、今回は現時点で15倍強のオッズになっているので狙い目としては買いやすくもなっている。

 ミラクルレジェンドはJRAのプレレートではエスポワールシチーに並ぶ数値を持っている。
エスポのスランプ前のレートはさらに高いし、ラヴェリータと勝ち負けを争っている馬では足りない感じもあるが、持ちレート、展開利、近走の勢いを併せ持っている馬という点では穴馬筆頭はここ。
あとは条件クラスからの上がり馬よりもGⅠ連対歴重視でテスタマッタまで。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/729-9081442c

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。