スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

福島記念予想

福島記念予想
★オッズは9時21分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 今年は新潟大賞典が3連複13,250円、新潟記念が3連複13,790円と万馬券決着になったが、ともに新潟芝2000重賞で好走したリピーターホースか、新潟芝外回り2勝以上のコース実績馬が走っただけ。
両レースとも1番人気はタッチミーノットで6、4着。
同馬は未勝利で新潟芝1800~2000を3回使って2、3、14着と勝ち上がれなかった馬で、コース巧者相手に新潟重賞で勝ち負けできるだけの適性も示していないタイプだった。

 出走メンバー中、新潟芝2000重賞で連対歴があるのがセイクリッドバレー、サンライズベガ、マンハッタンスカイ、新潟芝外回りで2勝以上しているのがセイクリッドバレー、アドマイヤコスモス。
大敗続きのマンハッタンスカイは無いと思われるので、ここに補正レーティング上位のマイネイサベル、バウンシーチューンを加えた5頭で勝負したい。

 本命はマイネイサベル。
サンライズベガとバウンシーチューンは一息入っているし、人気のアドマイヤコスモスは昇級初戦でハンデ56キロ、セイクリッドバレーとは5キロ差あるので、軸妙味はこの馬だろうか。
左回りの方がいいタイプが右回りのローズSで同斤のホエールキャプチャと同タイムの競馬をした点を評価。
スローの上がり勝負で経済コース先行の勝ち馬をよく追い詰めていた。
小回り2ターンの秋華賞で大敗したのはノーカウントでよく、実績コースで52キロなら勝負になっていい。

 バウンシーチューンのオークスはレース後に剥離骨折が判明しておりノーカウント。
それまでの5戦はすべて上がり最速をマークしており、ステイゴールド×トニービンで新潟外回りの道悪という絶好条件に51キロで出走できるだけに、あとはきっちり仕上がっているかどうかだけ。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/718-361b29fb

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。