スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

次走注目馬(11/12・13)

☆オメガスカイツリー(日東京8R、古馬1000万) 【勝ち上がり】
 内枠からラチ沿いの経済コースを通って4角まで。
直線では前が壁になって外に持ち出すまで追えなかったが、その分だけゴール前はいい脚。
ユニコーンS5着の後は稽古一息だったが、ここへきて状態が上向いてきた。
 
☆ランリョウオー(日東京10R、ノベンバーS
 前走は休み明け+12kgでクビ差、今回はハンデ戦で58キロを背負ってハナ差。
一旦は完全に抜け出して最後に差されたが、次は順番だろう。
 
☆ダコール(日京都10R、ドンカスターC) 【勝ち上がり】
 惜敗の多いタイプだが、勝つ時は3馬身1/2差、2馬身1/2差、3馬身1/2差と楽勝ばかり。
勝ち上がるほどに着差の縮まる馬はクラスの壁に当たる心配があるが、ツボに嵌った時のこの馬にはまだまだ余裕がありそう。
 
☆ゼロス(日新潟2R、2歳未勝利) 【勝ち上がり】
 前走が半哩2.4秒の前傾戦で2着、今回は半哩2.2秒の後傾戦でも2着。
前走の勝ち馬ローレルブレットが黄菊賞で0.1秒差4着だった比較からも未勝利では力上位。
 
☆タンジブルアセット(土新潟11R、黒埼特別) 【勝ち上がり】
 勝ち馬はマイネルセレクトのコースレコードを0.4秒更新。
この馬も1分10秒を切って3着馬には3馬身差をつけており、ダ6Fの安定感とコース実績から中山替わりになっても引き続きチャンス。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/714-3c114d71

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。