スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

京王杯2歳Sの反省

 上がり1Fが12秒台なら短縮馬、11秒台なら非短縮馬が来るというのが過去の傾向だが、実際のレースの流れがどうなるかは事前には分からないので、どちらにヤマを張るかという2択のところで短縮馬狙いを選択。
しかし結果は上がり 11.5 - 11.2 - 11.9 と11秒台が並んで非短縮馬のワンツー、しかも【注】馬のワンツーで馬連11,270円、馬単27,540円の高配当。

 胴元にとって一番ありがたい客は、負ける時には大きく負けて、勝つ時は小さくしか勝たないタイプ。
元々が1番人気の信頼性の低いレースだし、どちらに転ぶか分からない時にロングショットを狙わないのはギャンブルとして筋が悪かった。
わざわざ1.6倍の馬を本命にして3着にも来ない時の脱力感ときたら・・・(-_-;

 ちなみに03年以降のこのレースで、短縮馬有利の年に非短縮で馬券に絡んだのがコイウタ、レッツゴーキリシマ、アニメイトバイオ、非短縮馬有利の年に短縮で馬券に絡んだのがキングストレイル、グランプリボス。
この5頭はすべてその後に重賞を勝っているし、4頭はGⅠ連対、残る1頭もGⅡ勝ちしている。
その線でいけば短縮で3着に食い込んだオリービンはしばらく追い掛けてみる価値はあるかも。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/713-7c610802

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。