スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

エリザベス女王杯予想

エリザベス女王杯予想
★オッズは8時08分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 本命予定だったレッドディザイアが引退してしまってどうも狙いが定まらないし、メイショウベルーガも引退してしまって古馬の層が薄くなったのは間違いないだろう。
ただ例年なら勝ち馬の出ていない府中牝馬S組やクイーンS組はヒモ扱いまでだが、今年はどうだろう。
アニメイトバイオはずっと世代一線級で走ってきた馬で、たまたまの激走ではない分だけ物差しとしては信頼できるので、クイーンSで3キロ与えて0.2秒差ならアヴェンチュラの方が上とは言い切れない。
またユートピアSで秋華賞と府中牝馬Sの入着馬同士が走って後者が先着している点からも、今年はそれほど秋華賞組が優位という訳ではないのではないか。

 クイーンS秋華賞府中牝馬SユートピアS
アヴェンチュラ52キロ 1着55キロ 1着  
アニメイトバイオ55キロ 0.2差 55キロ 0.0差 
アスカトップレディ55キロ 0.6差 55キロ 0.3差55キロ 1着
リヴァーレ 55キロ 0.5差 54キロ 0.5差
デルマドゥルガー52キロ 1.4差55キロ 0.6差 54キロ 0.4差

 という訳で配当面からも府中牝馬S組を狙ってみる。
フミノイマージンは直線で進路を探している間に遅れた追い出しの分だけの負け。
33秒台の脚で間に合うかどうかという上がり勝負だったので、仕掛け遅れのロスが響いた。
それだけに悲観する負けではないし、夏場を休養に充てての叩き2戦目でローテも悪くない。

 アニメイトバイオは去年のエリザベス女王杯が鼻出血で大敗してしまったので、今度こそ。
イタリアンレッドは連勝期があって壁にぶつかるというパターンの競走キャリアで、夏競馬に勝ち鞍が集中している馬なので、GⅠ初挑戦と涼しくなってきた気候がどう出るか。

 ホーエルキャプチャは負けて強しの繰り返しで無冠に終わったが、内伸びで外を回らされた秋華賞の内容を考えれば、外回り替わりで勝ち馬を逆転できてもおかしくない。
前走がピークの出来で、今回は若干落ちると言われている状態がポイントだろう。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/708-21633b4d

  • エリザベス女王杯(+武蔵野Sほか)の予想【そこで馬が走るかぎり】
    今日は4レースに参加します。思いのほか予想が早く仕上がったので、このあとは犬の散歩に行ってきます。 東京10 ノベンバーS ◎9ランリョウオー ○1ムーンリットレイク △3ビンテージチャート △4プレイ △10ナシュワンヒーロー 三連単 1・9→...
【2011/11/13 12:08】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。