スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ファンタジーS予想

ファンタジーS予想
★オッズは7時17分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 本命はエイシンキンチェム。
過去2走とも時計レベルは低いが、新馬は上がり1Fを丸っきり流しているのでタイムは全くの参考外。
ダリア賞も3角で緩んだ流れに折り合ってからの早仕掛けで、大外から進出して残り200では先行勢を交わし去っており、展開利で追い込み馬を引っ張ってきてしまったが、もっと仕掛けは待てるはず。
鞍上も乗り替わり2戦目になるし、パフォーマンスの伸びシロはまだ残っているだろう。

 去年のマルモセーラは未勝利勝ちが12.1 - 10.6 - 11.1 - 11.7 - 12.0 - 12.1 - 12.3の逃げ切り。
これぐらいのHペース実績があったので本番でも好位から速い流れを押し切ったが、例年の勝ち馬はPCIも50を超えているし、レースラップは多少の前傾でも脚質に拘らず上がり重視の傾向。
今年は7F以上でマルモセーラ並みの前傾ラップ+時計レベルを持った馬がいないので、例年並みの前傾戦からの末脚勝負を想定すれば、相手はゴールデンムーンとアイムユアーズ。
ともにデビューから最速上がりをマークし続けているし、特に後者の函館2歳Sはスタートで出負け、大外から押し上げていく競馬での1馬身1/2差は通ったコースの差でしかない。

 ファインチョイスは過去2走の上がりが1、2位だが、ともに36秒台。
速い流れを先行しているので仕方がないといえば仕方がないが、レース傾向からすると人気馬に34秒台の上がり経験が無いのは、広いコース替わりと合わせて考えると不安材料。
追い切りでも手前を替えた時にバランスを崩していて、状態があまり上がっていないかも。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/698-4c5b0875

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。