スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

府中牝馬S予想

府中牝馬S予想
★オッズは8時31分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 去年までの負担重量は3歳53キロ、4歳上55キロ、収得賞金3000万円超過馬は超過額4000万円毎に1キロ増。
収得賞金が7000万円を超過している馬はアパパネしかいないし、アパパネは1億1000万円を超過しているので、どっちにしても57キロ対55キロの争いになり、実質的な条件変更の影響はほとんど無い感じに。
サンテミリオンだけが旧条件なら55キロで出走できるところを56キロだから、そこだけは不利になったか。

 本命はレディアルバローザ。
近2走は牝馬限定戦で掲示板に載れなかったり、格下のエーシンジーラインを交わし切れなかったりと、本来の能力からすれば不本意な結果が続いているが、今回は直線の長い1ターンコースに替わるのが大きなプラス材料。
ヴィクトリアマイルでは半哩44秒6→47秒3の厳しい前傾ラップを先行して0.1秒差3着に踏ん張っており、2キロ貰えれば休み明けのアパパネに先着できる公算は大きいし、適条件なら同斤の他馬も抑え込める。

 フミノイマージンは決め手は最上位のものを持っているが、中山牝馬Sでは2キロ貰って◎と2馬身半差。
ここは当時の力関係がどこまで詰まっているかを計る試金石。
地力では一枚見劣るエオリアンハープも末脚だけならここでも遜色はない。
5走前には◎に同タイムで先着しており、展開が嵌れば上位争いに食い込んでこれるかも。

 アパパネはJRAの牝馬GⅠ全勝利を狙ってエリザベス女王杯に向かうのか、それともGⅠコレクターの金子オーナーがまだ未勝利のマイルCSを獲りにいくのかは分からないが、いずれにしても勝負は次。
ここは2キロ与える立場でもあるし、キャラ通りに4着あたりでまとめてもらいたい。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/678-e2b27410

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。