スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

毎日王冠予想

毎日王冠予想
★オッズは8時49分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 去年は馬場が2Rまで不良、5Rまで重という道悪から回復途上の稍重。
前にいたシルポートやアドマイヤメジャーが直線で外に出してしまい、がら空きになった内に上位馬が突っ込んでくるという形で、コース選択の差が大きく明暗を分けたレースだった。
その前2年は逃げ馬不在でウオッカのスロー逃げ。
外を回した馬はハイアーゲームの惜しくない3着が目一杯という流れで、結果的に同じような位置取りで経済コースを回った馬が勝つ競馬が続いていた。

3連単上位馬4角位置勝ち馬通過順4角隊列
104→3→1内→内→内6-5-6-67-10(3.9)5(4.6)-(1.8)-2
094→6→3内→最内→大外6-6-5-56(2.11)5(4.7)8(10.3)1.9
082→3→5最内→最内→最内5-5-5-53.12(5.15)(2.14)(1.13)(9.16)(4.7)10(8.6.11)

 しかし今年は再びシルポートが出走しての良馬場想定。
直線外差しだった土曜8R(牝馬限定500万)が35秒4→47秒0、上がり46秒7→34秒7で1分33秒7。
前日の条件クラスの1ターンの芝レースはこれだけだったので何とも言えないが、平均ペースの時計勝負で4角中~外でも間に合う競馬なら、近3年よりも06~07年型のイメージだろうか。

3連単上位馬4角位置勝ち馬通過順4角隊列
077→8→1中→大外→中10-9-9-85(12.1)(2.3.13.9)(4.7.6)8(11.10)14
0616→10→13中→中→外2-2-2-23.16(2.10)(8.13)(7.9)(12.15)(1.4)(5.11.14)-6

 本命はダノンヨーヨー。
安田記念は出遅れた上に4角大外のロス、人気を裏切った東京新聞杯も出遅れて後方待機だったからまずスタートが鍵ではあるものの、ずっと人気だった馬が適距離で5番人気想定ならオッズ面での妙味は十分。
前走の宝塚記念は度外視の鞍だが、デビューから一貫してマイル戦を使われていた馬がチャンピオン級相手に初距離のレコード決着で1.0秒差ならそれはそれで悪くない結果だった。
今回は7走前のポートアイランドS(10頭立て)以来の少頭数戦になるのも好材料だろう。
内外差のない馬場で脚をためられる展開になれば勝ち負けを争えるポテンシャルは十分備えている。

 アクシオンは前傾ラップの函館記念、上がり勝負の札幌記念で連続して馬券絡み。
洋芝巧者、滞在効果という面はあるだろうが、状態そのものが復調した面もありそう。
シルポートが引っ張る流れなら極端に速い上がりも要求されないだろうし、成績的に勝ち切れない芝2000から5勝を挙げている芝1800に短縮されるのもプラスだろうから、今のデキを活かせれば。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/670-31a94eb9

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。