スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

スプリンターズS予想

スプリンターズS予想
★オッズは6時52分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 デュランダルという異能の馬(03~05年に1、2、2着)を除くと、施行時期が移った00年以降(02年の新潟代替開催除く)の連対馬はすべて前半600m通過時点で先頭から0.6秒差以内にいた。
特に馬券的妙味で言えば4角先頭馬が6-1-0-3/10で断然の勝率、回収率をマークしている。

スプリンターズS/上がり3F時差

 そして土曜の中山芝の上位馬脚質を見ると、差し・追い込み馬はほとんど届いていない。
前崩れになるようなHペースが少なかったにしても、連対0はシェアとしては極端な結果。
今年も前有利の想定で問題ないのでは。

スプリンターズS/前日中山芝脚質

 連勝馬券の中心はロケットマンだろうが、単勝を買いたいのはパドトロワ。
キーンランドCは前が6頭併走のHペースで33秒0→35秒8、マヤノツルギは早々に脱落して13着、4角好位にいた6頭のうち3頭はボトム3の14~16着にまで沈んでしまう厳しい流れだった。
パドトロワはその先頭集団の一番外を回す競馬で距離を走ったし、3角過ぎには一旦先頭、直線の脚色も見劣らないまま同タイムの入線なら、内外が逆になる今回はカレンチャンに先着できてもおかしくない計算。
速い時計、速い上がりへの対応は課題だが、そこに目を瞑っても見合うだけのオッズはついている。

 世界のロケットマンは能力断トツで展開も向く可能性大。
あとは状態や適性に問題が無ければアッサリまでありそう。

 前哨戦ではキーンランドC>セントウルSの評価でカレンチャン、ビービーガルダン。
ビービーは斤量面では有利になるが、上位3頭では一番展開利のある競馬をしていた分で相殺かも。
春の高松宮記念、前年のスプリンターズSともに上位入線している地力からダッシャーゴーゴー、サンカルロも無視できないが、後者は脚質的に3着候補止まり。
 
タグ :
コメント
初めまして、毎週、閲覧させて頂いております。
本日集計機能を利用すれば、馬場状況が把握できますね。なるほど… (笑) 
プラスワン的な要素で、自分も利用してみます ^^;
【2011/10/02 20:13】 | yossy #- | [edit]
お見事です。前で競馬できる馬を買うつもりでいましたが、北海道組ではなく、ロケットマンにしてしまった自分に反省しています。来週の予想も楽しみにしています。
【2011/10/03 07:19】 | 古木33 #- | [edit]
>yossyさん

 スプリンターズSのように脚質傾向がハッキリしているレースでは有用な機能ですね。
さすがに開催7日目になって急に差せない日が現れるとは思いませんでしたが(笑)
JRAがGⅠ仕様に馬場を整備したから、みたいなことの影響なんでしょうか。

>古木33さん

 自分もロケットマンは外せないと思ってましたが、外れてしまいましたね^^;
時計的な壁があったとも思えないんですが、調教パターンが変則的だったんで、状態が万全ではなかったんでしょうか。
直前の除外が無ければキーンランド組の1・2・3まであったかも知れません(笑)
【2011/10/03 13:06】 | Hiro@管理人 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/669-b9ff217e

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。