スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

京成杯AH予想

京成杯AH予想
★オッズは6時57分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 本命はコスモセンサー。
全4勝中マイルでの3勝は新馬、中14週のアーリントンC、中26週のニューイヤーSというポン駆けタイプだが、馬が対応できれば調教代わりに一つ叩いて目標レースを狙い撃つ使い方もできるはず。
仕上がり早の馬がアッサリ凡走するほど状態一息だったなら前走はノーカウントでもいい。
枠順もいいし、時計対応できるタイプ、古馬OP勝ちのコース実績もあって条件は比較的揃っている。
新聞的にも印が並んで【注】マーク付き。
前日の朱鷺Sが【注】4頭の上位独占で3連単43万馬券だったから、ここは乗っかってみる。

 オセアニアボスは前走が大外枠から枠なりの外差し、前々走が少頭数内枠を後ろから外差し。
外に持ち出さないとダメという馬でもないだろうし、開幕日は芝6鞍中4鞍で逃げ馬が馬券になっていたが、上級条件では差し有利の傾向だったから、流れが末脚勝負になればチャンスはあるのでは。

 過去10年で関屋記念組は直行馬が0-4-4-24/32、間に1戦挟んだ馬が0-0-0-10/10、1番人気が4頭いて3、6、9、9着とイマイチの成績で、エアラフォン、レインボーペガサスは勝ち切れない方に賭けるのが妙味か。
ハンデ57.5キロ以上(牝馬55.5キロ以上)は1-0-1-6/8だが、1着馬は6番人気、3着馬は10番人気だったので、上位人気を背負って好走できるかも微妙なところ。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/660-ccd9d348

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。