スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

朝日チャレンジC予想

朝日チャレンジC予想
★オッズは22時09分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 レディアルバローザは2ターンコースの出走歴自体が少なく、キャリア18戦中、8走前の秋華賞(0.3秒差5着)、6走前の愛知杯(2.2秒差16着)、前走のクイーンS(0.2秒差6着)の3回だけ。
僅差の競馬はしているものの0-0-0-3/3とワンパンチ足りない成績で、前走にしても2馬身と負けていないが、牝馬限定GⅢで掲示板に載れないのは地力的に不本意な結果だった。
GⅠで接戦を演じたブエナビスタやアパパネと比べて今回のメンバーが強力という訳ではないが、タフな阪神芝2000で牡馬相手、適性的に直線の長い1ターンコース向きなら条件はベストではない。

 ミッキードリームも京都・阪神の外回り1ターンコースでは4-2-0-0/6なのに対して、小回りor内回りの2ターンコースでは0-0-2-3/5と明暗のハッキリした成績を残していて、レース条件は合わない感じ。
和田がガンダーラを降りてこちらを選択しており、能力自体は上なんだろうが、適性面に減点アリか。
キンカメ産駒の阪神芝2000成績は通算でも3-3-2-50/58と芳しくないが、500万クラス以上に絞ると0-1-0-27/28と好走馬がほとんど出ておらず、上記2頭は人気ほど過信したくないタイプ。

 逆にヤマニンキングリーは2歳時の黄菊賞勝ち以外は全連対(8回)が小回りor内回りの2ターンコース。
休み明けの小倉記念で好走して、前走の新潟記念で凡走というのも成績傾向に合致する流れ。
ポイントは賞金別定で58キロを背負わなければならないところだろう。

 アドマイヤメジャーも小回りor内回り2ターンコースは6-1-1-4/12の巧者(全成績6-1-1-11/19)。
休み明け2戦は大敗だったが、近2走はそこそこ走れており、叩き5走目でオーナーのお膝元の阪神開催、鞍上を岩田に強化してきたことでここが目標かという気配はある。
最近のアドマイヤ軍団での騎乗成績なら川田が主戦格だろうが、岩田は友道厩舎で高いアベレージを残しているので、マイナス材料になる采配ではないだろう。
これを本命に。

 その川田はホクトスルタンに継続騎乗。
4走前の都大路Sは前残り馬場だったとはいえ、1200m短縮のステップで番手からの競馬を3着。
開幕日の馬場が前残りになっていれば、残り目が無いとも言い切れない。

 重賞3勝馬が叩き3戦目で上昇していれば56キロが有利なサンライズマックスも要警戒。
あとはオペラハウス産駒も阪神芝2000では好成績を残している(15-10-9-92/126、重賞3勝、特別10勝)だけに、勢いを買ってガンダーラまでが押さえ。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/659-62fb9618

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。