スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

北九州記念予想

北九州記念予想
★オッズは4時57分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 前年2着のせいか近走成績の割には人気が下がらなかったが、本命はスカイノダン。
平坦向きということで3走前は初コースが合わなかったし、前走は1F長かった上に異例の超スロー。
2走前のCBC賞は経済コース有利の馬場で流れは行った行った。
それを外から58.5キロで差し切った勝ち馬は別格の強さで、スカイノダンは大外枠、中団より後ろの位置取り、4角大外と間に合わないのも致し方ない競馬だったから、ここ3走がノーカウントならハンデ据え置きの適条件替わりで見直してもいいのでは。

 北九州記念は2、3F目を10秒台で飛ばして、ラスト1Fが12秒台と掛かるのがパターン。
テイエムオオタカは芝質の違うコースだが、前走は近似ラップを踏んでおり、楽にハナが条件だと厳しいかも知れないが、ファルコンSでも好位で立ち回れているので。
関東馬の函館→小倉転戦、鞍上に和田起用は地元馬主の意向がかなり反映されていそう。
エーシンヴァーゴウは直1000で2連勝と嫌ってもいいタイプに見えるが、3走前のオラシオンSが該当ラップで1着、5走前の平場1000万は4F目まで10秒台というラップで勝ち切っており、適性はありそう。

 逆にエーシンリジルの芝での3勝は全てラスト1Fまで11秒台という失速度合いの小さい流ればかり。
ダートの短距離でも2勝しているので、上がりの掛かる流れが不向きという訳ではないだろうが、ここは押さえまで。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/651-9fa0d5ef

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。