スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

プロキオンS予想

プロキオンS予想
★オッズは1時39分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 指数的にはケイアイガーベラ対ダノンカモンの一騎打ち。
土曜のダートは逃げ馬が3勝、2着1回と前も残れていたし、捲り気味の差しや直線勝負の追い込みも勝ち負けできていたので、馬場自体はフラットであとはペース次第というところか。

 ケイアイは体調一息で、ハンデを背負って、スムーズな競馬をできなかった前走でも崩れなかったが、今回は一週前、当週と続けて一番時計と体調はかなり良化しているよう。
地元戦で55キロだし、対ダノンは3走前に楽勝しているので、巻き返せる条件は整った一戦だろう。

 ダノンは3番人気に収まりそうなので、被っているケイアイよりもオッズ的な妙味は出ている。
GⅠ4着の実績も上だし、1キロ与えて完勝だった大和Sの内容からもナムラタイタンには先着できるはずだが、ナムラの方が人気なのは使われている順調さが評価されているからか。

 穴はマルカフリート。
前々走は長休明けで出遅れたし、北村友を配していかにも叩き台だったので度外視。
河長産業の主戦・福永に鞍上強化された前走ではヤサカファイン、ミリオンディスクを下してGⅢ勝ち。
57キロを背負うのは重賞未勝利馬に対して不利だが、明らかに統一GⅢ勝ちが軽視されての人気薄。
まだキャリアも10戦だし、引き続き福永が手綱を握るのなら一発あってもおかしくない。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/639-9e76718a

【2011/07/10 05:44】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。