スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ラジオNIKKEI賞予想

ラジオNIKKEI賞予想
★オッズは10時47分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 出走13頭の出走回数84回の内、直線坂コースで2ターンの芝1800~2000mに出走した回数は僅かに13回。
今年は春先に中山、福島が使えなかった影響で、小回りコースでの出走回数が少なくなっている。

 本命はカフナ。
未勝利勝ちは福島芝2000でレコード、500万勝ちは小倉芝2000だから直線平坦向きの嫌いもあるが、ハイレベルだったホープフルSで4着、好時計の若葉Sで2着と直線坂コースのOPでも相応の好成績だし、2ターンコースの出走経験は豊富。
出走種牡馬の中山芝1800成績を実働期間、アベレージ、回収率で見れば、キンカメ>ヘイロー系>その他の序列であり、余裕残しだった新馬で取りこぼしてはいるが、今回のコース替わりがプラスの可能性も大きい。

出走種牡馬の中山芝1800成績

 ミヤビファルネーゼは人気急落だが、53キロなら一発期待できないか。
寒竹賞や若竹賞でのもう一押しの足りない感じだと中山が向かない印象もあるが、そこを軽ハンデで相殺できれば。
外回りマイルだが、前日にロージスインメイ産駒が2勝していて、今の馬場は合うかも知れない。

 中山替わりが問題なければマイネルラクリマは能力上位なので押さえには。
このレースの馬券的なポイントは小回り未知数のフレールジャックや、広いコース向きで57キロのショウナンパルフェが、お誂え向きに飛んでくれるかどうかだろうか。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/637-19782af5

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。