スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

6月26日の予想成績

=宝塚記念結果=
宝塚記念結果
LAP 12.3 - 10.5 - 10.8 - 12.7 - 12.4 - 12.1 - 12.1 - 12.0 - 11.5 - 11.7 - 12.0

=同日上位入線馬の脚質傾向と4角位置=
上位入線脚質(6/26阪神芝)

Rレース距離掲示板最内大外
43歳未勝利芝241810-15-11-12-7 ③④
52歳新馬芝1496-4-9-5-3 ③⑤ 
8南港特別500芝16128-6-7-10-5
10尼崎S1600芝2095-9-4-6-2④⑤ 
11宝塚記念G1芝22162-8-4-9-3 
12ゆうきH1000芝121613-12-3-9-7 ④⑤

 当日未明に淡路島から神戸にかけて50~100mmの豪雨を示すマークがレーダーで確認できたので、これが仁川方面に流れてくればと、急遽、道悪予想に切り替えたのが結果的に大失敗。
雨は三田方面に抜けてしまい、仁川周辺で馬場に影響するほどの降雨にはならなかった。
馬券は良馬場予想で本命予定だった▲アーネストリーからも買って何とか黒で乗り切れたが、予想成績に単勝1,360円が加算できなかったのはちょっと痛恨。

 去年のアーネストリーは宝塚出走のために金鯱賞で手を抜けなかったが、今年は叩き台と割り切れる立場。
苦手の道悪での完敗は気にならなかったし、ここ目標のメイチ勝負が見込めて、初めて良馬場でGⅠを戦える上にオッズ的にもおいしいとなれば、買える条件は十分に揃っていた1頭。
前半3Fは33秒台と速い入りだったが、1角でしっかりペースダウンし、向正面からのロングスパート。
馬群の重心が後ろ寄りで前にあまりプレッシャーが掛からない隊列だったとはいえ、4角先頭から馬体を併せられることもなく押し切ったんだから強い競馬だった。
距離適性からいけば秋天も有力だろうが、Hペース先行のロングスパートで押し切れるならJCよりも有馬記念の方がコースにフィットした競馬ができそうで有望。

 ブエナビスタが1馬身半も差し届かないのは、クィーンスプマンテの大逃げに遭ったエリザベス女王杯以来。
パフォーマンスからは今までほど強い負け方という感じはしなかったが、調教の寸評や馬体重からして絶好調のデキでは無さそうだったので、今回はそれでも2着を確保した地力を評価するべきか。
そもそも上半期には適距離、且つ適コースのGⅠが無いので、一息入れての下半期が勝負だろう。

 エイシンフラッシュは内々をスムーズに立ち回っていたので、あれで2着を確保できなかったのは少々不満か。
騎手のコメントにあるようにロングスパート勝負が合わないタイプということかも知れないが。
ローズキングダムはウィリアムズ起用でもワンパンチ足りずの4着。
結局カンカン泣きするので斤量を背負うと伸びを欠いてしまうということなのかも。
今さら56キロで出られるレースは無いし、定量57キロも適距離では札幌記念、JC、有馬ぐらいしか見当たらない。
ルーラーシップはデビュー以来の○×パターンを裏切らずに5着。
収得賞金が半減して5000万ならレース選択の幅は広いが、GⅠで除外されないためにも次はパターン通りに○で行きたいところ。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/634-0ce17088

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。