スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

マーメイドSの登録馬

マーメイドSの登録馬

【コース解説 (by JRA-VAN)】

 スタート地点は正面スタンド前直線右の4コーナー出口付近。1コーナーまでの距離は325m。内回りコース使用で、一周弱回る。06年のコース改装前からコース形態は変わっていない。最後の直線距離はAコース時が356.5m、Bコース時が359.1m。古馬1000万クラスの平均レースラップ(3F-4F-3F)と勝ち時計(良馬場)は、36.9-49.7-35.5=2.02.1。スタート直後の2ハロンは先行争いがあって、ある程度速く流れるが、すんなり隊列が決まればその後はガクンとペースが落ちる。同クラスの前半3ハロンの平均は36.9。向正面に入ると完全にペースが落ち着き、その結果、行った行ったの前残りも多発。穴は逃げ残り、先行馬の雪崩れ込みといった展開面で期待するのがいい。平均ペース以上で流れれば、逆に逃げ馬は厳しくなるだろうが、重賞レースでも前半1000m通過が60秒を切ることは稀。結果的に差し馬が来たとしても、「ハイペースだったから」という理由ではないことが多い。最後の急坂を一気に駆け上がる爆発力が長けていたからだ。ただし、上記の後半3ハロンの数字を見てもわかるように、極端に速い上がりは必要ない。後ろから行く馬は34秒台前半の脚が出せればOK。枠順はほぼフラット。種牡馬の傾向としてはサンデーサイレンス系の天下。ダンスインザダークを筆頭にステイゴールド、スペシャルウィーク、アグネスタキオン、マンハッタンカフェと、中長距離に適性があり、瞬発力に優れた血統が並ぶ。

【過去10年の優勝馬】

マーメイドS過去10年の優勝馬
★06年は京都施行のため割愛。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/629-25f523bd

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。