スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

CBC賞予想

CBC賞予想
★オッズは9時47分現在、マイニングは当日値(走破時計モデルの解説はこちら、対戦型モデルの解説はこちら

 本命はアーバニティ。
前走の殿負けが引っ掛かっているのか、GⅠ3着馬が思ったより人気薄。
稍重だった前日芝の内回りは3鞍中2鞍が逃げ切り勝ちで、好位追走馬が2、3着の前残り。
2~3走前だけ走れば地力的には十分足りるだけに、良馬場に回復しそうな当日のポイントは差せる馬場、流れになるか、ダッシャーゴーゴーを捕まえられるかどうかだけ。

 エーシンリジルは全成績4-2-2-11/19のうち、芝ダ不問で6Fが4-1-2-2/9、それ以外が0-1-0-9/10。
明らかに6F向きの成績を残しているのに、近5走で6Fに使われたのが1回だけ。
条件は好転するし、時計の裏付けもあるが、淀屋橋S当日の阪神芝は5鞍中4鞍が4角最内を通った馬が勝つ内伸び馬場だったので、当時同様に恵まれる要素があれば52キロのハンデがより活きてくる。

 エイシンタイガーは正月競馬の京都芝外回し馬の1頭。
リスト馬を勝ち上がるまで追いかけた時のオッズ別成績が以下で、単7~20倍の中穴ゾーンで圧倒的な好成績。
淀短距離Sが明らかに低レベルなのがネックだが、この馬は久々になるので一応の押さえ。
岩田が同系馬主のエーシンリジルよりこちらを選んでいるのがプラス材料か。

京都芝外回し馬オッズ別成績
集計期間:2011. 1.22 ~ 2011. 6.05

 シゲルキョクチョウは普通に足りないだろうという気はするが、武豊が51キロで騎乗するのは95年9月以来。
40代のベテランジョッキーが全く色気の無い軽ハンデ馬に騎乗しないだろう、というのは目黒記念でキングトップガンを狙ったのと同じ理屈で、地元馬主のシゲル軍団2頭出しのシフトもあるので、印だけは回しておく。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/628-8a337d11

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。