スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

CBC賞の登録馬

CBC賞の登録馬

【コース解説 (by JRA-VAN)】

 スタート地点は向正面直線半ばより左寄り。内回りコース使用で、3コーナーまでの距離は243m。3コーナーまで距離がやや短いので、枠順は真ん中から内側の方が有利だが、最内枠の成績は悪い。スタート直後から微妙な下り坂になっており、3~4コーナー中間の残り800m付近で本格的な下り坂に突入する。最後の直線距離はAコース時が356.5m、Bコース時が359.1m。直線半ばまで下りが続き、残り200m付近でゴール前の急坂。約120mの間に1.8mの勾配を一気に駆け上がる。古馬1000万クラスの平均レースラップ(3F-3F)と勝ち時計(良馬場)は、34.4-34.8=1.09.2。前半3ハロンは34秒台前半から半ばで進み、後半3ハロンは34秒台後半でまとまる。前後半のラップ差は少ないが、確実に前半3ハロンの方が速くなる前傾ラップを刻む。それでも前々で競馬ができる馬が有利。逃げ馬の連対率が高く、回収率もいい。直線の坂を気にせず、逃げ馬の残り目を穴で狙うのがおもしろい。一方、先行馬の回収率はいまひとつで、差し馬の方が上。血統的にはサクラバクシンオー、キングヘイロー、マイネルラヴ産駒が好調。サンデーサイレンス系はダンスインザダーク、バブルガムフェロー、アグネスタキオン産駒の活躍が目立つ。

【過去10年の優勝馬】

 10年は京都開催、09年以前は中京開催のため割愛。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/625-f29ded4e

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。