スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

5月14・15日の予想成績

=京王杯SC結果=
京王杯SC結果
LAP 12.4 - 11.0 - 11.6 - 11.4 - 11.0 - 11.2 - 11.6

=同日上位入線馬の脚質傾向と4角位置=
通過順成績(5/14東京)

Rレース距離掲示板最内大外
63歳未勝利芝161817-11-6-3-4③⑤  
7古馬500万芝201010-6-8-4-1  
9夏木立賞500芝20111-7-3-2-10  
10立川特別1000芝1691-4-2-8-7 
11京王杯スG2芝14175-11-7-8-2③④  

 Bコース替わり初日で全般的に経済コースを通った逃げ・先行馬有利。
多頭数戦の後傾ラップ(前35秒0→後33秒8)を距離損アリで突き抜けたストロングリターンは強い内容。
補正タイム115は過去10年と比較して高い数値ではないが、近8年で5回レコードが更新されているレースで序盤のペースが上がらなかったのが指数が伸びなかった一因か。

 13着のアポロドルチェまでが着差1.0秒以下で、17頭のうち14頭が33秒台の上がり。
外枠から外を回った馬はもちろん、4角を内で回っても直線で勝ち馬より外に持ち出した馬も間に合わない競馬になっているので、距離ロスで負けた馬は巻き返す余地アリ。
ドリームバレンチノ、サンカルロ、ラインブラッド、ガルボあたりは次走以降も注目。
フラガラッハも上がりは2位タイだが、前半置かれ過ぎだけに、実績距離に戻ってスタートまともなら。

 ジョーカプチーノはスローの2番手に納まって3着止まり。
極端な戦法が合う馬は正攻法がイマイチだったりするので、福永のコメントからも思い切って行っていればという感じだが、前走が不利のある競馬で好位付けの成否がハッキリしなかったので、今回の結果を受けて次走どう出るかが注目。

=ヴィクトリアマイル結果=
ヴィクトリアマイル結果
LAP 12.0 - 10.6 - 10.9 - 11.1 - 11.3 - 11.6 - 12.0 - 12.4

=同日上位入線馬の脚質傾向と4角位置=
通過順成績(5/15東京)

Rレース距離掲示板最内大外
43歳未勝利芝141810-9-7-17-6①②④⑤  
53歳未勝利芝20116-1-10-2-3①②③⑤   
73歳500万芝16117-10-11-4-2③⑤  
9テレ玉H1000芝20115-8-3-1-6 ③④ 
11ヴィクトG1芝161716-13-4-3-5③④ 
12きぼう賞1600芝181212-5-4-1-11③④①②  

 日曜は差し・追い込み馬のシェアがかなり伸びた。
ただ経済コース有利は概ね前日のままなので、多頭数の外を回して突き抜けた1、2着馬は着差以上の強さ。
ブエナビスタからすればベストではない距離、一息のコンディションでもヒカルアマランサスなら捕まえられるが、さすがに相手がアパパネになると無理という結果。
年齢的にも恐らくもうマイル戦に出走することは無さそうなので、自分の距離で巻き返してもらいたい。

 アパパネはマークされる位置取りからブエナビスタを振り切って完勝。
最強馬かどうかはともかく、タイトルコレクターとしてはJRA牝馬GⅠコンプリートに王手をかける所まで来た。
秋に牡馬相手にマイルで戦うか、牝馬限定に進むかは次の安田記念の結果で決まりそうなだけに要注目。
金子オーナーはGⅠ通算23勝目、ヴィクトリアマイルは初勝利で18冠目。
残る未勝利GⅠは高松宮記念、天皇賞(秋)、マイルCS、朝日杯FSの4タイトルのみとなった。

 好位差しの連対シェアが急落していた意味では前で粘ったレディアルバローザも強かったか。
イン差しの4、5着馬にはきっちり差をつけている。
スプリングサンダーは最後方待機の直線勝負で外から差してきたが、ちょっと嵌った感もあって、パフォーマンスは悪くなかったが、負けて強しとは少しニュアンスが違うかも。
 
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://hirostable.blog74.fc2.com/tb.php/607-f2146a65

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。